« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

まだまだいけるぞ、パナチタン

夜勤明けで目覚めると、雨は降ってない。
こりゃ、走りにいかねば・・・
チームメイトのフクダさんが、またまた貝殻山を14分台で上ったとかに影響を受けて、私もチャレンジしたのである。
タイムは・・・・15分23秒
St320209_2
久しぶりの自己記録更新である。

これで、5回目の15分台なのだが
    15:58    GIANT TCR    2007/04/09
    15:54    パナチタン     2004/05/22
    15:44    パナチタン     2005/06/14
    15:30    GIANT TCR    2006/06/05
    15:23    パナチタン      2008/06/29
という今までの結果。
15分台は、年に1度だけ。それも6月に集中。何かあるのか・・・
その上、重いパナチタンで意外と上れてます。軽さが全てではない?感じだな。
まだまだ、いけるぞ!パナチタン!
St320211

しかし、今日は、なぜ記録更新できたのだろうか?これが判れば、常にいいタイムで上れるのになぁ。と思ったんでちょっと考えてみた。

1.天気は、曇りで気温は高くないが、かなり湿度は高い。
 ※6月に好タイムなのは気温と湿度がいいのか?

2.夜勤明けではあるが、しっかり睡眠が取れていた。

3.貝殻山TTのためだけに走った。
 ※他を走ってないので、スタート時の足は まだ余裕。

4.コンプレッションシャツを、初めて着て走った。
 ※これは、なかなか良さそうでしたが、タイムに影響するほどとは思えんが・・・

やっぱり、よう判りません。

好タイムで、気分がよかったんで金甲山側から、もう1本タイムトライアル。
10分18秒。

気分の良いまま帰ろうとすると、やっぱり今日も雨が降り出し、すぐに本降り。
びしょびしょですわ。

とどめは、落車。まぁ、余りスピードが出てなかったのと、雨で路面が濡れてたのが幸いしたのか、足をちょっと擦っただけと腕、腰の打撲ぐらいですんだ。

自己記録更新で浮かれるなということであろう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

なんとか三差路

やっぱり、兵庫県というか播磨周辺には、「なんとか三差路」の表示が多いのか?
赤穂でも見つけたのである。

「南野中三差路」
St320206

「上月三差路」W支部長さんの見つけた「久崎三差路」に続いて、3ヶ所目。

ということで、久しぶりに県境を越え兵庫県へ突入して走ったのであった。
コースは、岡山~吉永~八塔寺~上郡~有年~赤穂~備前~岡山。
特に吉永~上郡、有年~赤穂は、交通量が少なく走りやすい。
このコースは、また走ってもいいな

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

今日も・・・

今日も梅雨空だが、午後より天気予報は曇り、降水確率も低い。
走りに出たのだが、やっぱり途中から雨rainに降られてしまったのである。
まっ、50kmほど走れたからよしとしよう。
明日から夜勤クールなんで、走る気力がdownとなるのよね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

裏目

朝から雨がパラついていたんで、たぶん1日中こんな天気だろうと、自転車にも乗らず買い物に付き合ったら、全然雨は降らんかったのである。
買い物から帰って、まだ雨は降らんだろうと思い夕錬開始したのだが、千両街道を走り八浜を過ぎた辺りで無情にも雨が降り出し、雨脚は徐々に強くなってきたので引き返した。

降ると思って走らんかったら降らんし、降らんと思って走り出したら降ってくるし、今日はどうも裏目に出てしまった。
まぁ、少しは濡れたが、ローラー乗って汗で濡れるよりマシだとポジティブに考えることにする。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

勝手にマチュピチュ

2年ぶりくらいに、佐伯りんご園へ南側の河本から頂上を目指した。
こちらからの道は、景色がよく大好きである。
田植え後の美しい棚田、九十九折の細い道、私的には、これらの景色はインカ遺跡のマチュピチュを彷彿させるのである。

St3202111
ところどころに休耕田もあるが、山の中腹まで続く田植え後の棚田は美しい!

St3202121
これぞマチュピチュを彷彿させる棚田の石積み

St3202081
九十九折の道、棚田を上より眺める

ここを”岡山のマチュピチュ”と勝手に命名することにした。

そして山頂には、遺跡が・・・

あるはずはなく、
St3202061
宿泊施設や
St3202051
風車のある芝生ステージや
テニスコート、グランドゴルフ、サッカー場、プールなど、もちろん、りんご園もあるリゾート施設となっている。

しかし、ここは何時上ってもキツイ。なぜか南からも北からも最後の上りが激坂になってるのである。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

西へ向かってツーリング

珍しく西へ向かって出かけたのである。
たまには違う所もということで、目的地はないが往復100km超を目標に、とりあえず西へ。

茶屋町-藤戸を抜け倉敷、そして水島ブリッジラインへ。ここら辺は工業地帯なんで大きなトラックがバンバン走っている。特に水島ブリッジラインは、車幅が狭いんで、ゆっくり歩道を走らざるをえない状態となった。

玉島からは、海沿いを走り沙美海水浴場で休憩。
静かな浜には1組のカップルが・・・
St3202171
この海水浴場は「日本の渚・百選」に選ばれていたり、「海水浴場の発祥地」とか案内板に書いてあったが、現在はヤシの木が植えられたりしている「人工海浜」となり、昔の面影は、あまり残ってないようである。

ここから笠岡のカブトガニ博物館までは、交通量の少ない快走コースだった。小豆島の海岸沿いを走っているような感じだ。
ここら辺りで帰れば、100kmになるが、同じ道を帰る気にはならないので、ちょっと北へ回って帰ろうと笠岡市内を抜けていると、「なんじゃ!こりゃぁ!」
St3202181
犬を連れた子供が何かを叫んでいる巨像が現れた。
St3202191
「ありがとう」と叫んでいるんだな。きっと・・・

そこからは、里庄-鴨方-金光-玉島と国道2号を避けて走る。
高梁川は、旧霞橋で渡る。この橋は何連かのアーチがある美しい歩行者自転車専用の橋である。
St3202201 霞橋独り占め状態

霞橋を渡ってからは、南下し水島-広江-藤戸-茶屋町と帰った。

西方面は、道を知らないということもあるだろうが、どうしても交通量の多い所を走ってしまうために、いまひとつスッキリとできない感がある。いい道もあるんでしょうけどね。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

健康診断結果

待っていた健康診断の結果が届いた。

今年からメタボの判定が表記されていた。
Ken1
当たり前じゃ!

さて、本題の結果は、っと・・・
Ken3
γーGTPが初めて基準値より高くなったが、AST、ALTが正常だし、いままで高かったことないし、たぶん一時的なものだと勝手に思うことにしよう。
血糖もわずかに高い。いつも基準値上限付近なんで、こんなもんでしょう。
どちらも’B’判定なんで大丈夫。

Ken2
心電図は、今年もなんか表記されてます。
「洞性徐脈」・・・また、何かわからん。
会社が休みで、産業医はいなかったんで帰って、我家のナースに聞くと、「徐脈じゃから、脈が遅いんじゃろうな」らしいが、なんとも頼りない。
まぁ、判定が’A’なんで問題無しであろう。
これで、先日の心拍の異変もつじつまが合うってことかな。

で、総合判定
Ken4
今年も”放置可”の’B’判定でした。
産業医に聞きに行かずとも、「スポーツ続けて下さい。」の所見を追記してくれていた。毎年のことなんで、私の聞きたいことは、よくわかってらっしゃる。
さすが!T先生!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

津田永忠

昨日、岡山も梅雨入りとなったが、今日は、いきなり梅雨の中休み。快晴です。sun
ということで、今日は東備方面へトレーニング。

西大寺-長船-片上-伊里と走って、閑谷学校へ。去年の秋以来だな。
その時は、「しょうゆぶっかけソフトクリーム」ののぼりが目立っていたが、今日は、それプラス「備前バーガー」なる、のぼりが立っていた。今、流行のご当地バーガーというやつですな。気にはなったが、片上辺りのコンビニで補給したばかりだったので食う気にはならなかった。

ここ閑谷学校は、江戸時代岡山藩の津田永忠という人が建てたものだ。
St320210
大小さまざまな石を隙間なく積んでいる蒲鉾型の石塀は独特である。確か20年程前は、この塀のそばを道路が通っていて、ダンプやトラックの振動で石がずれてきたとか。で、離れた所へ今の道路を作ったのかどうかは定かではないが、いくらかは考慮しているかもしれない。

津田永忠は、閑谷学校以外にも、岡山藩の大きな土木事業を数多く手がけている。
ついでに、そのひとつである倉安川吉井水門を見て帰る事にした。
St320211
この水門は、吉井川と旭川を結ぶ運河である倉安川の吉井川側の起点にある。
ここの特徴はなんといっても、パナマ運河と同じように2つの水門を使い水位を上げ下げして、水位差のある吉井川と倉安川間に船を通していたということだろう。
しかし、ここの前は何度も走っているんだが、こうやって立ち止まったことは初めてだった。

その他にも日本三名園の後楽園、旭川の放水路である百間川、現在の岡山市南部の干拓などいろんなものを手がけている。
現在それらを世界遺産に登録しようとしている有志もいるようだ。

下の写真は、岡南大橋に立つ津田永忠の銅像。
St320213
今日は、岡山の偉大な先人の功績を、わずかながら目にしたのだが、今度はちゃんと計画を立て「史跡めぐりツーリング」としてみたいものである。

で、帰ってみると飯南HCの案内が、サイクリストビューから届いてました。
封筒を開けてびっくり、パンフレットの写真に鷲羽レーシングのK嶋さんが大きく写ってるじゃないですか・・・う~ん、濃い!
Iinan

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

似てる?

今日は休みなのだが、雨rainがいつ降ってもおかしくないような天気。
降り始めても、雨雲cloudの追従を千切ってdash帰れるように。西へ西へと向かってサイクリング。

倉敷を走ってると、目を引く屋根のカニcancer料理屋が現れた。
St320205
この屋根は、似てる・・・あの建物も工事の覆いが取り外されて姿を現したとか。
行ってみることにしたのである。
倉敷から山手に抜け吉備路を東へ・・・

到着した所は、そう、吉備津神社。
St320206
優美な姿を現してました。さすがは国宝。

比べてみると、思ったほど似てませんね。coldsweats02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

岡山市立図書館

岡山市立図書館に予約しておいた「ロードバイクの科学」が入庫したと連絡があったので借りに行った。
St320202
岡山県図書館横断検索システムで検索しても、どこの図書館にも無かったのだが、ダメもとで予約しておいたやつである。

岡山市立図書館では、在庫の無い本が予約されると、すべてOKというわけではないが新規に購入して貸し出してくれる。今回も購入してくれたようだ。であるからして、私がこの本の貸し出し第1号である。他愛の無いことだが、少し嬉しい。

浦安総合公園図書館で、予約したのでここの在庫になるのである。もし誰も借りてなければ本棚に並んでいるはずなんで、読みたい人は行ってみるべし。他の市立図書館、連携している他の市町村の図書館からでも借りることもできるはずですよ。

活用するとなかなか便利な図書館であるが、ひとつだけ不満がある。それは、予約していた本が入庫した時は連絡があるんだが、入庫できないときには、いくら待っていても連絡が無いことである。利用者としては、待っていればいいのか、あきらめなければならないのか判断のしようがない。
まっ、他の便利さで帳消しできるほどのことなんで、たいしたことではない。これから、もどんどん利用させてもらおう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

大佐山ヒルクライム

前日は、JINさん「おんたけHC」クラス優勝の祝勝会であった。
エントリーしているチームメイトは、ほとんど参加していたため、みんな軽く二日酔いっぽい。
受付地点へ上るだけで変な汗が出てくるのである。大丈夫か?

スタートは一斉スタートなのだが、いつものように最前列ではなく3~4列目に並ぶことになってしまった。
スタートではクリートが拾えず、もたもたして15~20番手ぐらいか。
上っていくにつれ落ちてくる人たちを抜きながら、徐々に順位を上げていった。
落ちてくる人がいなくなってからは、IPUの学生と抜きつ抜かれつで上っていく。順位は1桁後半ぐらいか?
前に見えるのは、2、3人、その前に何人いるかは、わからない。
IPUの学生とはゴール直前でも、まだ並走している。ゴールラインは、わずかに先行して通過した。着を譲ってくれたらしい。年配者を立てるとは、できた学生だ。IPU自転車競技部の好感度アップである。これから応援していこう。

結果は、7位ぐらいと思っていたが5位。またしても、ぎりぎり入賞できたのである。学生に感謝だ。
最近は、ぎりぎりの入賞あたりが定位置となっているのである。
Hyoushou おねーさん、足長っ!&私、足短っ!

表彰式では、いつも端っこ。でも、今回は、おねーさんの隣。端っこもいいことあるじゃないか。

P1000729 にやけてますがな。

その後、ダウンヒルスラロームの体験があったので参加してみた。MTBは乗ることが無いので最初は上半身に力が入りガチガチ。2回目、3回目と走るたびにリラックスでき楽しむことができた。MTBも面白いかも・・・

とりあえず、1日中天気がよく、楽しく遊ぶことができてストレスも解消し満足である。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

レーザーレーサー

水泳のジャパンオープン、えらい事になっとりますな。
スピード社のレーザー・レーサー水着で、日本新記録が連発とか。

自転車のように機材を使用してのスポーツでは、その機材の差が出るのは当たり前であろうが、水泳競技なんて機材を使わないスポーツなんで、素人考えでは、あまり機材の差なんて無いと思っていたがここまで差があるとは・・・
もうこうなれば、北京オリンピックは全選手レーザー・レーサーで勝負しなくてはならんでしょう。
近い将来、何か規制を設けるようになるかもしれませんね。
いっそのこと、みんなフリチンで勝負したらどう?coldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

異変!?

八浜側から石像(間瀬)峠のピークまで、思いっきりもがいてみた。
もう、目一杯状態に近いであろう。
一瞬、心拍計を見たら’169’を表示している。そんなバカな!去年は、185っていうのを見たんだけどな。

いつものMAXが、どのくらいなのかよく知らないのもよくないんだが、使っているのは古い安物心拍計なんでMAXが記憶できないのである。

自分では、もう限界、180くらいのきつさを感じていたんだが・・・しかし、ここまでしか上がらないとなると、ちょっとまずい状態ではなかろうか。

原因はなんであろう?
 1.加齢のせいで、最大心拍数が低くなってきた
 2.夜勤クールで寝不足などにより体調がよくない
 3.心拍計の誤表示
 4.心臓に異変がおきている

1,2は、わからないでもないのだが、4は、ちょっと勘弁してほしいものだ。
ただ、去年の健康診断での「不完全右脚ブロック」が気になる。
先日受けた今年の健康診断の結果通知は、まだ来ない。心電図の結果が気になりだした。早く知りたい!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

大佐山HCエントリー

大佐山HCにエントリーしました。
締切が本日までに延期されてたんで、なんとか間に合った。
なかなか予定が立たない私には、このように締切が遅いのは非常に都合がいいのである。T本さんには感謝m(__)m

このレースは去年より開催されているのだが、私は初参加となる。
集合場所も、コースも知らない。
その上、夜勤クールで体調がよくないときたもんだ・・・大丈夫だろうか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »