« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

今の状態は?

そろそろローラーにも乗れ出してきて、今の身体の状態が知りたくなってきた。
通常であれば、貝殻山へ出かけるのであろうが、それはちょっと無理なんでローラーでチェックしたのである。

今までもやっていたので、やり方は同じ。
ローラーの負荷、ギア比を固定し、2kmを決めた範囲の心拍で走り時間を測るというもの。
調子の良い頃は、4分前半。
今日は、6分27秒。調子の良い頃の7割弱の力ということか。
筋力、心肺機能もかなり衰えている。

今後はこれを基準に、チェックしていこう!楽しみ、楽しみ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

病院経由昼食ウォーキング

病院から診断書が出来上がったと連絡があったので、リハビリがてら歩いて取りに行った。
この診断書は、保険請求用のものである。
2通で¥10,500也。高っsign03
しかし、これが無いと保険金も出ないんでしょうがない。
内容を見ると、「後遺症害残存見込み有り・左股関節可動域制限」と・・・診断書ということで一応記入しているのだろうが、ちょっとショック!

 

ついでに昼食を食って帰るつもりだったので、病院からほど近いところにある「源久」という、うどん屋へ行ったのである。
St320238
ここのうどんは、なかなか美味いし、家からも近いこともあり時々利用している。他店ではあるが、つい先日もうどんを食ったので、今日は初めて”からあげ定食”を注文。
St320237
からあげ8個にどんぶり飯、なかなかの量である。腹一杯になってしまった。
となりで食っていた人の”とんかつ定食”もでかかったな。

 

腹ごなしにちょっと遠回りして帰宅。歩いた距離4.3km。run
股関節に痛みなし。scissors

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

乗ってみよかな

そろそろ、ロードバイクにまたがってみようと思い、今日のリハビリは、エアロバイクから3本ローラーに替えてみたのである。

自転車をまたぐ時、サドルに脚が引っ掛かり、いきなりバランスを崩した。大きく脚を上げたつもりだったが、まだ上がらない、開かないのである。weep
気をつけて、乗車しペダルをこぎ始めるが前傾姿勢のきついこと。サドルも高く感じる。
身体は硬くなってるようだし、筋力ダウンでポジションを保てないようである。
調子に乗って回転を上げていたら、股関節にやや痛みが出たので10分弱で中止してしまった。まだ、股関節の動きが悪いのであろう。

しかし、歩くのと違い無理な力がかからないのは楽である、その上3本ローラーはエアロバイクと違いバランスをとらなければならないので、ペダルを回す筋肉だけじゃなく、腰の辺りや上半身も含め違った筋肉も使うようなのでGOODgoodかもしれない。flair

また少し、進歩だな。scissors

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

岡山県知事選挙

今日は、岡山県知事選挙の日であった。
いつも選挙は、朝1番に行ってから、練習会に参加する。
しかし、練習会には、まだ行く気にならないし、今日は雨なんで朝はゆっくり。
結局、雨の上がった。3時ごろからリハビリがてら歩いて。会場まで行った。

今回の選挙は「トーヒョーへ行こう!」と漫画のポスター、TVで訴えていたが、投票率は上がったのだろうか?ちなみに、会場はガラガラであった。

候補者は、現知事の石井氏と新人の住宅氏。
さて、どちらが当選するのか?
どちらにせよ、岡山のためにリーダーシップを発揮して、良い方向に舵取りして頂きたいものである。

会場までの往復は、約3Kmの平地だったこともあるが、かなりいいペースで歩けたと思う。
なかなか順調。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

GPS GH-615Mを使ってみた

GPS GH-615Mを使って少し歩いてみたので、前回より詳しくレポートしてみましょう。

電源ボタンを押すと、ロゴが表示され起動する。ボタンは、やや硬く操作しにくいが防水のためと思われる。

スピードメーターモードである。
St320236
上段にスピード、中段に時間、右上に小さく心拍、下段に距離が表示される。
スピード表示は、操作によりAVE、ペース表示に切替ることが出来る。
時間表示だけがやけに大きくサイコン、心拍計として使うには、やや見づらい感じがする。
▲▼ボタンで切り替えれば、AVE、ペースを表示させたり、時計モードに替えることが出来る。

ウエイポイント画面である。
P1010256
目的地は経度、緯度で登録しなければならない。しかも、「度分秒」でなく「度分」で(秒は分に変換し小数点以下)登録しなくてはならない。
これは非常に面倒で、計算を間違えると目的地がずれるという致命的なことになる。

しかし、探してみると便利なサイトがあるもんですな。
Geocoding
    住所、駅の名前などから 経度 緯度 を検索する。
Javascriptによる座標フォーマット変換 β
  緯度、経度の座標を入力すると、「度」、「度分」、「度分秒」に変換してくれる。
これで、楽々である。

ナビモードである。
St320237
上記の目的地の方向を示すコンパスと距離、予測時間が表示される。
道案内で無いので、ナビとしては心もとないが、コンパスは正確であり目的地には案内してくれるので、知らない所へ行くには無いよりマシであろう。

データ表示画面である。
P1010257
トレーニングの日付、カロリー、距離、時間、AVE、MAX、心拍と一通りは表示し、本体メモリーに保存できるできる。

その他に、現在地の緯度、経度、高度を表示するモードもある。

GPS本体のメモリーに記憶されたデータは、USBでパソコンと接続し付属のソフトでダウンロードでき、分析できる。データとして蓄積すれば何かの役に立つかもせれないが、ソフトは少々お粗末である。
付属のソフトは2種類付いていた。
"GH615 PC Utility”というのと"GS-Sport Training Gym"というもの。

"GH615 PC Utility"
Pcutility_2
経路をGoogleMapなどに表示でき、時間に対する高度、心拍、速度のグラフが表示されるのみ。
その上、全て英語のため使いにくい。

"GS-Sport Training Gym"
Gssport_training_gym
"GH615 PC Utility"よりかなり進歩している。
グラフは、同じ時間軸上に、高度、速度、心拍が表示されわかりやすいし、データを蓄積していけば管理できるし、その他いろいろと機能があるが、こちらも日本語未対応。
その上、まだβ版ということで変な表示をすることがある。バグ有り、正式版を望むところである。

今時点では、もっと使い込むと、もう少し便利になるように思える。
まあ、歩いた距離などがわかるし、遊べそうなんでボチボチ使っていくこととする。

 

------------------------

 

落車後の入院で、筋力が落ちているのもさることながら、左足のみならず、その他全ての関節が硬くなって稼動域が狭く感じられる。
病院でのリハビリでは、骨折した左脚関節のみ必要最低限のストレッチをしていただけであったので、本日から本格的にストレッチに多くの時間を割こうと考えた。
しかし、今の身体には、どの程度のストレッチが効果的なのかよくわからん。
ネットで調べると簡単に出てきたので、早速実践。
効果はいかに・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

緑化フェアおかやま2008

浦安総合公園西地区(これが正式名称らしい)へ行ったら多くのテントが設置されていた。

St320236 芝生の広場のテント

St320237 花壇横のテント

明日より、「緑化フェアおかやま2008」というイベントが開催される準備であった。
そういえば、2、3日前から木を切ったり芝を刈ったりしていたのも、このためだったんだな。

001 案内のチラシ(表)

002 案内のチラシ(裏)

苗木、野菜などの販売、キャラクターショー、世界の料理コーナー、サッカー教室などがあるみたいだ。
子供のいる家族、孫を連れてくる祖父母をターゲットにしている感じである。

--------------------- 

退院後初めて心拍計を着けエアロバイクでリハビリを行った。
20分かけ徐々に心拍を上げて140bpmくらいに・・・きつい・・・15分かけてクールダウン、35分で終了。
こんなに心拍を上げたのは、落車以来である。
エアロバイクだと負荷が少ないんで、今の脚の状態でも心拍を上げることが出来るし、股関節の動きにも良さそうだ。
これから、心肺系のリハビリとして続けていくこととする。
現状じゃ、心拍を上げるほど歩けませんからね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

ヘルメット以外は・・・

今日は天気が悪く、リハビリウオーキングは中止して、落車時のヘルメット以外のものが、どうなっているか確認したのだ。

自転車は、バーテープの破れ少々、ルアホイールの振れ少々、落車時お決まりのブラケットのキャップの削れくらいである。
P1010250バーテープの破れ少々

P1010251ブラケットキャップの傷

ウエア類は、なぜかパンツは無傷、ジャージも後ろ側の襟の小さい穴、シューズはラチェット金具の傷のみ。
P1010246小さな穴

自転車もウエアも、特に修理、買い替えの必要はないようだ。
ダメージは、ほぼ私の身体が請け負った感じであった。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

GPS

以前計画していた山陰ツーリングのために、入院前日くらいに注文したGPSが、手付かずで置いてあったので開封した。

なんか虚しいのである。weep

GlobalSat GH-615 という台湾製?で2万円弱のもの。
St320236

説明書を見ながら、いじってみたのである。

特徴は、
・腕時計タイプ
・ナビ機能
・ルート表示
・走行ルートのログ
・走行距離、時間、AVE、MAX
・心拍
・データのPCダウンロード
くらいができるらしい。

腕時計タイプではあるが、サイズはかなり大きい。直径6cm超。
腕につけると、かなり違和感。見た目も・・・

ナビは、緯度経度で位置登録すると、登録した地点の方向を示すコンパスが表示される・・・のみ。
Google Mapなどで、登録したい地点の緯度経度を調べなくてはならないのは、ちょっと面倒である。

ルート表示は、何ヶ所か位置登録すると、その地点を一筆書きした図が表示される・・・のみ。
あまり必要としない機能である。

ログは、さすがにGPS。通った所を正確にトレースしている。
Google Mapなどに、走行した経路を表示できる。

走行距離等は、サイコン同等。

心拍は、表示するのみ。

データのPCダウンロードは、ソフトはあまり良くないが、標高、速度、心拍を同じ時間軸に表示できる。
ポラールには、ほど遠い感じである。

自動車と歩行で使ってみたが、今度は自転車で使ってみよう。
何かの役に立つかもしれんな。

------------------------------

今日は、エアロバイクを漕いで見たのである。
股関節は、まだ深く曲げると痛いが、前傾姿勢をとらなければ上死点もスムーズにペダルは通過するぞ。
脚に全体重がかからないので、歩くより痛みが無く断然楽である。
今後は、これだなscissors

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

シャカリキ!

入院していた時に"シャカリキ!"の文庫本を読んだ。

St320243
この文庫本は、原作、映画の脚本をもとに、書き下ろしたものである。

St320236

入院直後に映画も公開されていて、タイミングもドンピシャなんで一気に読んでしまった。
原作も読んでない、映画も見てないので、読みながら想像した映像が頭の中に浮かんでくる。
これも本の良さですな。

映画のほうは、倉敷でしか上映してないとか、期間が短いとかで見てない人も多いんでしょうね。
私も見たかったのだが、入院していたんでどうしようもなかったですわ。

 ----------------------------------

そして、今日はレントゲン検査の日。
完治には、まだ1ヶ月以上かかるが骨は順調についてきている。ただし、飛び降りるようなこと、重いものを持つなどはもう少し控えていて下さいとのこと。手術した周辺の筋肉の痛みのことをたずねると、手術で大きくいじっているから今のところ仕方ないらしい。

今の状況はというと、まだ歩くのには、杖がないと脚を引きずるようになるし、左足1本では真っ直ぐバランス良くしてないと、痛みがあり立てない状態である。
普通に歩くには、もう少し時間が必要な感じだな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

入院中のころ

入院中の出来事を綴ってみよう。

 

私が入院した当初は、医師や看護師さんの間では「自転車(=ママチャリ)で転んで、骨折したらしい。年寄りは多いけど、まだ若いのになぁ」って事になっていたのである。
ショック!!

 

擦過傷には、今流行のハイドロコイド材を貼っていた。
医療現場でも、ラップ療法(湿潤療法)は、標準になっているんだねぇ。

 

1度だけ担当でない女医さんが傷の経過観察に来た時、「年甲斐もなくそんなことをするから・・・限界を知られぇ!」と言いやがった。
無理するなといいたかったのかも知れないが、「世話じゃ!」と思ってしまった。

 

外科部長さんが、こんなことを言った。
「年寄りは、少しでも早く歩かさんと脳が衰え生命維持にかかわるけど、若い人は、そんなことはないんで脚に体重をかけるのは遅くなるよ。まぁ、焦らず行こう。」
ふ~ん、なるほど。

 

私は、食事に制限のない患者ということもあるだろうが、ここの病院食は、なかなか美味いのである。
しかも、1ヶ月間くらいは同じメニューがない。飽きない工夫だろうか?
1ヵ月半以上入院してると、さすがに同じメニューが巡ってきますがね。
我家では、「これこの前も食ったよな」はよくあるのに・・・
St320279 秋分の日は、特別におはぎ付

 

病院内の売店&グリルも、なかなか頑張っている。
売店は、表町の"あんぱん堂"のあんぱんを仕入れていたり、月に何度か"アンリュール"などケーキ屋さんを呼んで直売していた。
グリルでは、コーヒーが¥100の期間を設けていたので、その間は毎日通ってしまった。

 

ある看護師さん曰く「アスリートは、運動を始めるとすぐに体温が上がり、止めるとすぐに下がる」
本当かなぁ?

 

隣のベッドのじいさんから、今話題の"桃太郎ぶどう"のお裾分けを頂いた。いい値段するはずである。1粒¥100くらい?
普通じゃ食べれんな。

 

他愛のない出来事も入院中は気になるのであった。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

手術まで

最近は、医療ミス防止のためか患者をバーコードでも管理するようになっているみたいで、名前、生年月日、性別、バーコード、IDNo.の印刷されたリストバンドを着けられた。

’LIVE STRONG’じゃないけど

St320291


 

入院が土曜日だったこともあり、手術は週明けの9月1日の午後3時からと決まった。

入院してから手術までは、膝下の脛骨にピンのようなものを串刺しにし金具を取り付け、そこへロープを掛け5kgの重りで吊られ身動きできない状態にされていたのである。

St320229

トイレもいけないので、若い女性の看護師さんにお世話になってしまった。
ああ、恥ずかしい、情けない。

担当医からの説明によると、手術は半身麻酔で大腿部側面を15cmほど切り開き、チタンプレートで骨をつなぐとのこと。

手術といっても、ドリル?の音がしたり、ハンマーで叩いたり大工仕事のような感じだった。半身麻酔のため音は聞こえるし、振動は伝わるし、あまり気持ちのいいものではない。
何はともあれ2時間半ほどで手術は終わり病室へ戻った。
その後レントゲン写真を見せてもらうと、綺麗にチタンプレートが写っている。
チタンプレートの一方は、大腿骨にピン留め反対側は、股関節に向け骨の中にねじ込んでいた。

その日の夜が大変であった。
麻酔が切れ痛みが激しくなってきた。体に力が入りベットの柵にしがみつき、顔を苦痛にゆがめ唸っていたらしい。
鎮痛剤の座薬と注射で何とか眠りにつくことが出来たが、人生最高の痛みであった。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

この日が、ことの始まり

8月30日

せっかくの休みなのに朝から雨である。自転車に乗りたくてウズウズしていた。
午後になり降っていた雨も上り、路面もやっと乾いて始めたので走りに出たのである。
児島湾の海岸沿いを九播まで快調に走り、工場のあるところで堤防から下り橋を左折した時、大きな水溜りが視界に入った。

・・・・・

気が付くと路肩に座っていた。自転車も街路樹に立てかけてある。
何をしているのか、何が起こったのか、わからない。
左半身のいたるところから出血し痛い。どうやら落車したようである。
頭をかなり強打したようで、落車時の記憶がない。
しばらく、もうろうとしていたが左足が痛くて立てない状態だ。
こりゃあマズイ、ということで救急車を呼んだ。

救急車の到着後すぐに、パトカーも到着。
私は、病院に向かった後、警察の現場検証があったらしい。私の記憶がないということで、ひき逃げも考えて検証したそうだ。

病院到着後、外傷、レントゲン、MRの検査をしたと思う。このころも意識がもうろうとしていて、所々で記憶が飛んでいる。
結局、大腿骨転子部骨折ということで即入院となってしまった。
その他の傷は、肘を3針縫ったのと肩と膝と腰の擦過傷と頭のたんこぶ、以上全て左半身。
特に頭のたんこぶは、ヘルメットの内側の形になっていた。医師?看護師?から「ヘルメットを被ってなかったら、どうなっとたかわからん」みたいに言われたような気がする。
今思うとぞっとする出来事である。

そして今日、ヘルメットを確認したら左側頭部の発泡スチロールはつぶれ、2ヶ所ほど割れていた。

やっぱりヘルメットを被ることは、自転車乗りの基本ですな。
最近、自転車に乗り始めた人も、必ずヘルメットは被ろうよ!私からのお願いだ!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

久しぶりの投稿

長い間入院hospitalしていたが、本日退院することができ、やっと自由の身になったのである。

書かなきゃならんことがいろいろあるんで、これからボチボチ投稿していこうかね。

とりあえず、退院後第一声sign01

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »