« この日が、ことの始まり | トップページ | 入院中のころ »

2008年10月19日 (日)

手術まで

最近は、医療ミス防止のためか患者をバーコードでも管理するようになっているみたいで、名前、生年月日、性別、バーコード、IDNo.の印刷されたリストバンドを着けられた。

’LIVE STRONG’じゃないけど

St320291


 

入院が土曜日だったこともあり、手術は週明けの9月1日の午後3時からと決まった。

入院してから手術までは、膝下の脛骨にピンのようなものを串刺しにし金具を取り付け、そこへロープを掛け5kgの重りで吊られ身動きできない状態にされていたのである。

St320229

トイレもいけないので、若い女性の看護師さんにお世話になってしまった。
ああ、恥ずかしい、情けない。

担当医からの説明によると、手術は半身麻酔で大腿部側面を15cmほど切り開き、チタンプレートで骨をつなぐとのこと。

手術といっても、ドリル?の音がしたり、ハンマーで叩いたり大工仕事のような感じだった。半身麻酔のため音は聞こえるし、振動は伝わるし、あまり気持ちのいいものではない。
何はともあれ2時間半ほどで手術は終わり病室へ戻った。
その後レントゲン写真を見せてもらうと、綺麗にチタンプレートが写っている。
チタンプレートの一方は、大腿骨にピン留め反対側は、股関節に向け骨の中にねじ込んでいた。

その日の夜が大変であった。
麻酔が切れ痛みが激しくなってきた。体に力が入りベットの柵にしがみつき、顔を苦痛にゆがめ唸っていたらしい。
鎮痛剤の座薬と注射で何とか眠りにつくことが出来たが、人生最高の痛みであった。

|

« この日が、ことの始まり | トップページ | 入院中のころ »

コメント

その痛み、分かります。
私も入院したことがあります。私のときは全身麻酔だったので、手術中のことは何にも分かりません。
麻酔が切れた時の痛み:ベッドが壊れるぐらい暴れていたらしいです。

つる-sanの話を聞いて全身麻酔で良かった?


投稿: KAZU | 2008年10月19日 (日) 17時08分

膝からの牽引、看護師さんに下の世話になってはずかし、手術後の痛み・・・一緒です。思い出してしまいますねえ。
僕の手術は全身麻酔だったので、大工仕事の音が聞けなかったのは幸いなのかな?
ご自愛下さい。

投稿: initialTT | 2008年10月19日 (日) 18時07分

おぉぉ~かわいそうに、大変だったね~。
下半身麻酔とは!聞こえるところがまたたまりませんね!

投稿: W支部長 | 2008年10月19日 (日) 21時41分

eye話を読むだけですごい痛そうですね。
生まれてこの方、病院でお世話になったのは、幼稚園の頃一回限り・・・・
自転車落車でも、肩甲骨しか折ったことがありません。
入院した事がないだけ、幸いですが・・・happy01
ちょ~痛い経験、しないで良いなら、しないほうが良いですね!!
看護婦さんの、手厚い看護の癖にならないようlovely

投稿: chiara | 2008年10月19日 (日) 21時43分

痛そう・・・
大変なことになっていたんですね。
リハビリ頑張って下さい。

投稿: HIDE-chan | 2008年10月20日 (月) 06時48分

大工仕事のような音は僕も聞いた事があります。
遺体解剖室の外で、ですが・・・
チタンに縁がありますねぇ。。。

投稿: ウイングマン | 2008年10月20日 (月) 08時38分

脚がカーボン製にならず、チタンで良かったです。

投稿: HIDE-chan | 2008年10月20日 (月) 10時01分

こんちはsign03 全然ブログが更新されてなかったから心配してました。正直まさか‥ と思いましたが‥ やっぱり‥  かなり痛そうやし読むだけで怖いですcoldsweats02  この冬は安静にしててね。
筋力が絶対落ちてるからリハビリが大変だと思う。
気長にやりましょうsign03

投稿: 池本 | 2008年10月20日 (月) 10時53分

KAZUさん>
ほんと麻酔が切れたときは、どうなるかと思いましたよ。

initialTTさん>
思い出させてしまいましたか・・・
大工仕事の音は聞かないほうがいいですよ。

W支部長さん>
大変でしたわ。
もう、経験したくないですな。

chiaraさん>
病院でお世話にならないのが1番です。

HIDE-chanさん>
リハビリ頑張って、また、走りますよ。

ウイングマンさん>
そういやぁ、パナチタンがどうなっているか、まだ見てなかった。

池本さん>
心配かけましたm(__)m
筋力はかなり落ちてますよ。特に左脚は、見るからに細くなってます。

投稿: つる | 2008年10月20日 (月) 11時40分

知り合いでそこまでの手術をされた方は久しぶりです(^^;)
主人も5年前に背中と両手を大火傷で4日間ICUにいたとき、両手が使えないものだから若い看護師さんの手圧い看護を受けてましたよ!!!コンニャロ~
私も今まで膝を5回手術受けてまでバスケしてますからつるさんも頑張って復活してくださいね!
筋力命!ですよ。。。ファイトッ!

投稿: yasue | 2008年10月20日 (月) 12時12分

yasueさん>
膝を5回も手術ですか!
不死身ですな。

投稿: つる | 2008年10月21日 (火) 09時03分

読んでるだけで、なんか痛そうな気持ちになりました^^;
若かりし頃、50ccのバイク乗ってた時に後ろから車に追突されて、左鎖骨を折って右膝パックリ切れて数ヶ月間入院したことがあります。
膝はお皿の上数ミリのところで、中身の白いのが見えてました。
追突された瞬間、自分が数メートル飛んでるのがわかって「あぁ、もうダメかも?」って思いました。
あとでヘルメット見たら、クラック入ってたしフェイスはザリザリになってました。
ヘルメットかぶってなかったら・・・と思うと今でもぞっとします。

もう少しよくなったら、身体に負担にならくて筋トレもできて治りも早くなるっていう「加圧トレーニング」してみてはいかがでしょうか。
良いみたいですよ。

投稿: 零子 | 2008年10月21日 (火) 09時35分

痛い!痛い!レポを読んでいるだけで寒気がします。
落車して大けがされた人はみんな痛い思いをして
入院されているんですね…。

投稿: るみちゃん | 2008年10月21日 (火) 12時44分

るみちゃん>
今、思い出しても麻酔の切れた時は・・・痛~い!
落車しても、擦過傷ぐらいがいいですな。

投稿: つる | 2008年10月21日 (火) 14時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196476/42835613

この記事へのトラックバック一覧です: 手術まで:

« この日が、ことの始まり | トップページ | 入院中のころ »