« 庭瀬で道草 | トップページ | いちば~ん »

2009年3月28日 (土)

山崎の大判焼き

ちょっと気になっていた玉野市の山崎商店の大判焼きを食うことが出来た。
St320360_2
なぜ気になっていたかというと、この店は私が子供の頃からあって、時々ここの大判焼きを食っていたからなのである。
種類は、黒あん、白あん、クリーム、カレー、チョコレート。
チョコレートは記憶に無いが、その他のものは昔からあったと思う。

注文の時、
私:「子供の頃にも食っとったよ」と言うと
主人:「創業80年じゃからな」と・・・すばらしい!
私:「何件か先にも、大判焼き屋があったよな?」
主人:「10年位前に止めたな。はい、240円」

この店がある”宇野築港銀座商店街”は、宇野港が四国の玄関口と言われていた頃の繁栄は無く寂れているが、これからも頑張って大判焼き屋を続けてもらいたいものだ。また、自転車練習中の補給に食いに行こう!

食ったのはクリーム、カレー、チョコレートの3種類。各80円。

St320363_2
クリームは、中にカスタードクリームが入り甘く、懐かしい味がした。

St320361
カレーは、カレーパンのカレーが入ったの大判焼き。好きな味である。

St320364
チョコレート、こらは初めて食べたが、菓子パンで巻貝型で中にチョコクリームが入っているやつと同じチョコクリーム入り。私には、ちょっと甘すぎ。

皮?衣?の部分は、もちもちな感じで美味しかったな。

 

ところで、この「大判焼き」の名前だが、
「ふうまん」と言っていた頃もあったように記憶している。
兵庫の生活が長かった家内は「太鼓饅頭」とか「御座候」(これは商品名)と言っている。
東京の方は「今川焼き」ですよね。
まっ、いろんな呼び方があるもんだ。

|

« 庭瀬で道草 | トップページ | いちば~ん »

コメント

チョコは微妙ですよねー
あ、どこかで「回転焼き」って言ってたよ。

投稿: JIN | 2009年3月28日 (土) 22時05分

自分の高校の近くにあったお店は「ふうまん」でしたね。
普通の小豆のあんこを「赤あん」って言ってましたよ。

投稿: くっしー | 2009年3月28日 (土) 22時34分

こんにちは(゚ー゚)
大判焼きのカレーなんて食ったことないっすよ(@Д@;
チョコやクリームなら分かるけど。
まぁ一度は食ってみたい‥
それに¥80なら安いじゃん!見てると美味そうですね。

投稿: 池本 | 2009年3月29日 (日) 09時58分

JINさん>
ほほ~っ、「回転焼き」って言うところもあるんじゃね。

くっしーさん>
やっぱり、「ふうまん」って言うとりましたか。

池本さん>
カレーは、意外と美味いんですよ。
山口あたりも「大判焼き」なんじゃね。

投稿: つる | 2009年3月29日 (日) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196476/44492961

この記事へのトラックバック一覧です: 山崎の大判焼き:

« 庭瀬で道草 | トップページ | いちば~ん »