« またまた、攣った | トップページ | 典坐吉祥 »

2009年5月 1日 (金)

メンテナンス

キシリウムのメンテナンスを行ったのである。

まずは、キシリウムエリートから

リアハブのベアリングを点検するために分解するのである。

クイックシャフトを抜き、スプロケットを外したところ
St320374

フリー側でない方のシャフトキャップ?を外す
St320376

MAVICの専用スパナで当たり調整用ナット?を外す
St320377
フリー側のシャフトに5mmの6角レンチを挿入。
St320378

シャフトの両側に5mmの6角レンチを挿入して、シャフトを外す。
St320379
はい、シャフトが抜けました。
St320380

次にフリーのフタ?を外す。17mmのBOXレンチで外すのだが、空回りするのでスプロケットを仮に入れてスプロケット抜きで空回りしないようにしておいた。
St320381

こんな感じで外れると、中にフリー用ベアリングが見えますね。
St320382

フリーを外すと、小さな部品が飛び出すことがある。ラチェット機構のバネ付き爪2個とワッシャー。
St320383
そして、シャフト用のベアリングが顔を見せる。
St320384

ベアリングの樹脂のシールを剥がす。
St320385
少々硬化したグリスがへばり付いているが、肝心のボールの辺りはカラッカラである。

古いグリスを取って新しいグリスを注入した。
St320386
ディグリーザーで掃除してもいいのかもしれないが、プラスチックのところがあるので止めておいた。

樹脂シールを嵌め込み、外した物を元に戻してグリスアップ終了である。
St320387

他のベアリングもフロントも同様にグリスアップした。どこも、グリス切れ状態であった。もっと早くグリスアップする必要があるんだろうな。

そして、「MAVIC ソフトストーン」という砂消しゴムの親玉でリムをコシコシして、ブレーキ当たり面を綺麗にし、全体を掃除。
以上、メンテナンス完了。

要領も得たので、キシリウムSLも・・・両方で2時間ちょっとで終わった。意外と簡単だったな。

今回使った工具は
St320389
スプロケット抜き、モンキーレンチ、MAVICの専用スパナ?、17mmBOXラチェットレンチ、5mmの6角レンチ2本、10mmの6角レンチ(キシリウムSLのみ使用)

エリートとSLではリアのシャフトを抜く時の6角レンチのサイズが違っていた。

で、回転はというと、どこもスムーズ回る。
特にリアが、良く回るようになった。やっぱり3個のベアリングが付いているんで違いが大きく出るんでしょうな。

もし、ベアリングを抜く工具があったらベアリングの交換もしたいですな。キシリウムに使っていたベアリングにNTN6001とか品番を書いていたので、同サイズの良く回るやつを高木総業なんかで買えば、安くアップグレードできるんじゃないかな。

|

« またまた、攣った | トップページ | 典坐吉祥 »

コメント

なんでもやっちゃうんですねぇ。

投稿: フクダ | 2009年5月 1日 (金) 20時42分

フクダさん>
我流ですけど。
仕事で機械のメンテナンスやってたので、なんか気軽にバラしてみるんですよね。

投稿: つる | 2009年5月 1日 (金) 21時31分

へぇ、案外自力でイケルもんですね~ スゴイ!
ちょうどBONさんにメンテしてもらったばかりだけに感心しきりです(・o・)

投稿: JIN | 2009年5月 2日 (土) 12時59分

JINさん>
シマノのカップ&コーンのベアリングより簡単でしょうな。
でも、本当はベアリング交換した方が良いのかもしれません。

投稿: つる | 2009年5月 2日 (土) 21時56分

謎の黒スパナの存在理由が分かりました。スッキリ!
大変参考になりました。そのうち自分も挑戦してみます!

投稿: morio | 2009年5月 4日 (月) 17時41分

morioさん>
謎のスパナは、そういうことなんですよ。
MAVICのホイールには、いろんな黒い物体が付属されてますもんね。

投稿: つる | 2009年5月 4日 (月) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196476/44858284

この記事へのトラックバック一覧です: メンテナンス:

« またまた、攣った | トップページ | 典坐吉祥 »