« KISS&ディープパープル | トップページ | 激坂発見 »

2010年2月11日 (木)

キャットアイ CC-RD300W

キャットアイのサイコンCC-RD300Wである。ストラーダっていうやつですな。
St320611
パナチタンのロードの方には、駆動系を105に変えた時からサイコンを取付けていなかったのでGPSで代用していたが、通勤で毎日同じ道を通る時なんかは、GPSをいちいち取付けて、充電して・・・面倒くさい。
でも、違う道を通ったり、ちょこっと練習して帰ったりすることがあるんで、やっぱり、データが欲しいのだ。
で、遅ればせながらサイコン取付けたのである。

このCC-RD300Wは、小さくて私の短いステムにも、あまり違和感なく鎮座しとります。
小さい割には、LCDが大きく見やすい方かもしれませんな。

完全なワイヤレスは、初めて使用したのだが、コードが無いというのはなんてすっきりするんでしょう。非常によろしい!
ただ、ワイヤレスというやつは、LEDライトの点滅で誤動作することがあるとか言われてますが、写真のように、すぐ左にライトがあるが今のところ問題なく使えている。

操作は、サイコン本体をクリックして表示を切り替えるという表面全体ボタン&単純操作で簡単なのだ。
データリセットは、データ表示している状態で長押しで行うようになっている。
ということは、誤って本体を長押ししてしまうと、データリセットなのである。
実際、本体を取り外す時、長押し状態になって、データリセットになった経験がある。
1個だけの表面全体ボタンスイッチで、何でもやらなければならない致命的な問題かもしれませんな。

|

« KISS&ディープパープル | トップページ | 激坂発見 »

コメント

私も同じ物を使っていますが、
凸凹路を速いスピードで通過すると勝ってに表示が変わります。

投稿: KAZU | 2010年2月13日 (土) 07時03分

KAZUさん>
あり得るな。
特にMTBでオフロードなんかじゃ。使いにくいかもしれんな。

投稿: つる | 2010年2月13日 (土) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KISS&ディープパープル | トップページ | 激坂発見 »