« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月30日 (日)

癒しツーリング

夜勤明けの週末は、爆睡である。10時間ほど寝てしまいましたわ。
もちろん、チーム錬なんかに間に合う訳はありませんな。
まぁ、追い込んで練習する気力も無いし・・・

とういことで、本日はツーリング程度である。
St320725
パナチタンにSPDペダル&SPDスニーカー。完全にツーリング仕様ですな。

千両街道に入り走っていると、今年も麦畑が黄金色に色付いている。
St320726
そして、麦の香り、いや正確には麦わらの香りが一面に漂っているのである。

千両街道の道端には、黄色いコスモスのような花が自生している。
St320727
この花はオオキンケイギクというらしい。
近年、旭川や吉井川の土手一面に咲いているのをよく目にしている。
綺麗なのだが、外来特定生物に指定されていて、移植を禁止していたり駆除の対象になっていたりとか・・・。
この辺りでは、あまり見かけなかったように思うが繁殖力が強いのだろうな、群生しとります。この状態だと生態系も崩れそうですな。

その後は、由加山-王子ヶ岳をゆったりと上る。
St320722
王子ヶ岳から瀬戸内海を見渡すと、空気が澄んでいて瀬戸大橋も全景が綺麗に見えるし四国は近かく感じられましたわ。

今の私には、ゆったり走って麦畑や花を見て香りを嗅いで、海を眺めるるくらいが、心癒されてよろしい。
のんびりとストレス解消といきましょうかね。

| | コメント (0)

2010年5月29日 (土)

週末ブロガー

やっと夜勤が終わった。
心身ともに、かなり疲れとります。
身体は休養で休まるんで、なんとかなるのだが、心は、なかなか休まりませんな。
こんな時こそ、自転車にでも乗ってストレス解消といきたいものだが・・・
乗ればそれなりに楽しめるのかも知れんが、気力がイマイチ。

こうやって、ブログ書くのも1週間ぶり。こちらも気力下降気味。
週末ローディーに続き、週末ブロガーにも、なりそうですわ。

| | コメント (0)

2010年5月22日 (土)

児島半島2H耐久

仕事の3重苦(責任苦、寝不足苦、残業苦)のためストレス増大の中、週末ローディーと化した私は、内容のある練習をしようと、マジで走ったのである。

走れる時間は2時間ほど・・・
児島半島外周の平坦を基本に走ったのだ。
20100522

マジで2時間走りっぱなし、心拍も、ほぼ最大の80%以上で走っている。
耐久レース状態でしたわ。
20100522_2

距離68km、AVE29.8km/h
やっぱり、AVE30km/hには届かんかった。
以前の走りに戻ることは、なかなか出来ませんな。

| | コメント (3)

2010年5月21日 (金)

今月初めてか?

今日の帰宅時間は・・・なんとPM7:30!
こんなに早く帰ったのは、今月初めてじゃないかな。
やれやれ、少しは身体が休まるかね。

明日は、午前中には用事を済ませて、午後から自転車乗っちゃおうかな。
ちったぁ、ストレス解消せんと、うつ病になりそうですわ。
やっぱり週末ローディーですな。
なんて考えとったら、天気が悪いじゃねーの!

| | コメント (0)

2010年5月16日 (日)

週末ローディー

やっと週末である。scissors
土曜日は夜勤明けの休みだが、昼寝もあまりせず昼の体に切り替えしなくちゃならないんで体調はよくない。

日曜日は、土曜日の夜から10時間近く寝てsleepy快調に目覚めることができた。
しかし、夜勤明けの週末は実質1日だけの休日なんで、やることが多いのだ。

チーム練に参加せず、用事の時間まで阿部池周回である。
回転重視で2周、重いギアで2周、普通に2周、流して1周
7周走ったか。
結局1時間40分ほどしか走ることができなかった。

最近は、忙しい週末ローディとなったので、距離や時間より内容重視の練習にしなくちゃならんかね。

| | コメント (2)

2010年5月14日 (金)

ちょっと、愚痴る

今週は夜勤クールの上、フル残業である。
PM6:45に家を出て・・・帰宅はAM9:40なのだ。
ヘトヘトですけど・・・
自転車にも乗る気力なしですわ。自転車通勤なんてとんでもない!
もう少し、どうにかならんかね。わが職場は異常ですな。こんな状態を続けとったら、工場も私も倒れそうですわ。

まだ、こんなことを書いてストレス発散しとるうちは、大丈夫なんかな。

| | コメント (5)

2010年5月13日 (木)

だんだん良くなってきた

今日、車にガソリンを入れた。
ガソリンスタンドの看板には、「レギュラー139円」と表示している。
また値上がりしてきたなぁ。

だが、愛車ハイゼットカーゴの燃費が、だんだん良くなっているのである。
車を買い換えてから、2000km強走って、5回目の給油なのだが、初回が14km/Lくらいだったのが、本日ついに15.3km/Lまで伸びてきた。
ガソリンの値上がりも少しは緩和できたかもな。

その上、自動車税も前の車(カローラワゴン)よりかなり安い。
カローラワゴンは、グリーン化税制で10%重課されていて43,400円。
それが、ハイゼットカーゴは、4000円。
1/10以下である。
やっぱり、軽は維持費かからんなぁ。scissors

| | コメント (0)

2010年5月 8日 (土)

さかいで? 丸亀?

本日開店「さかいで麺業」
St320720

ちょっと、寄ってみたら行列でしたわ。
St320719
また、落ち着いたころ日を改めて来ようかね。

しかし、店の外観は、「丸亀製麺」と同じに見えるんじゃけど・・・
看板はずしたら、さかいで?丸亀?見分けつかんでしょ。

| | コメント (4)

2010年5月 5日 (水)

飲み会のお知らせ

「春の中山」も終わり、5/8(土)に打ち上げを兼ねて飲み会でもしようと、W支部長さん、こっこおやじさんと計画したのである。

暇な方、一緒に飲みませんか?どなたでもどうぞご遠慮なく。

詳細は、Natural掲示板に掲載していますので、参加希望者は掲示板に書き込みお願いします。

| | コメント (0)

めんどころ 吉川

めんどころ 吉川」、浅口郡里庄町にあるのだが、鴨方駅から程近い。
天草公園っていう所の南の奥まったところにある。路地に入るところに看板があったのですぐにたどり着くことが出来た。
St320717

駐車場の隣のお宅の表札に「吉川」と・・・大将のお宅でしょうな。

店のタイプは一般店、カウンター10席弱とテーブル8席くらいだったかな。
カウンター越しに厨房丸見え、奥には麺打ち台も見えるように配置している。
大将の自信の表れか・・・期待するなぁ。

食ったのは、あいも変わらず、かけうどん大盛り+かき揚げである。
St320716

面白いことに、通常メニューに1玉、2玉はあるのだが、大盛りは、(100円増しだったかな?)の別メニューで1.5玉だそうだ、それなら通常メニューで大、中、小とかでいいんじゃないかね。

味の方はというと・・・
麺は太めでややちぢれ、コシは、ほどよい硬さであるが、モチモチではない。どちらかというとモグモグな讃岐系である。
出汁は、濁りで濃く見えるが辛くは無い。どちらかというと甘めで美味い。
かき揚げは、注文を受けてから揚げはじめていた。まぁ、一般店なんだから常識かね。
天かすも同様に、注文後に作っていたのには好感がもてましたわ。
かき揚げの具材も、竹の子が入っていたりして季節感がありましたな。旬の野菜を使うようにしてるんでしょう。

なかなか美味かったですが、かけうどん好きの私でも食っていると暑いです。そろそろ、ぶっかけとか、ざるの季節になってきましたな。

私の評価 ☆☆☆★★ 星3つ

| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

チーム岡山主催ビギナーズ練習会 in児島半島

チーム岡山主催のビギナーズ練習会が開催されたので、初参加させてもらった。
前日の「春の中山」と続けて、チーム岡山の皆さんにはお世話になるのだ。

集合は、児島半島の出崎海岸入り口。自宅より千両街道経由で自走である。
到着時にはすでに20名ほど集まっている、さらに後から数名、総勢30名弱くらいになったのであろうか。

自己紹介後、手際よくグループ分け。
私のグループは、一応経験者組み。
1列走行、1列ローテ、2列ローテ、2列コーナー、3列コーナーと平地メニューを教わる。
P1010196_1
なるべく、チーム岡山杉野さんの後ろで走りを見せてもらうようにした。やっぱり、ピタッと決まったフォーム&走りはロスが無いように見える。

続いて、上り&下りメニューである。
こちらは、平地メニュー以上にためになった。
試走でのチェックポイント、上りのポジション、アタックのかけどころ、下りでのポジション、ライン取り、その他諸々の注意点などのアドバイスをもらいながら、こちらでも後ろで走りを見せてもらった。

最近は大勢で走ることは少ないし、Naturalは年齢層も高くなりレース志向の人が減り、こういった練習は出来てないんで、いい経験となるわな。

大変有意義な練習会を開催してくれたチーム岡山のみなさんには感謝します。
また、都合がつけばお邪魔させていただきます。

Naturalチーム錬では、そこまで多くの人数は集まらないが、出来る範囲でこういった練習もいいかなと思うのである。第3日曜に、いくらか人数が集まればは、やってみますかね。

| | コメント (9)

2010年5月 3日 (月)

カムバック中山サーキット 4H耐久レース

復帰レース第2戦は、中山サーキットで行われた「春の中山4時間耐久レース」に参戦してきたのである。
骨折前以来なんで、2年ぶりかな。
カテゴリーは”チームオープン”相方には、こっこおやじさん。
50才のおっさん二人のチームなのだ。

なんとゼッケンは
P1040062
No.1である。招待選手みたいじゃね。

試走してみたが、相変わらず裏の上りはキツイ!

さて、レース本番は私からスタートであるが、交代周回を決めず次の周回はキツイなと感じたらピットに入ることとした。

最初の5周が終わってピットに入ったが、心拍がなかなか下がらないのだ。
走行中の心拍も異常に高い。完全なアップ不足&オーバーペースであった。
献血の影響も多少はあるかもな?

こっこおやじさんは、快調に周回している感じであった。

天気がよいので昼を過ぎると気温もどんどん上昇し、暑くて余計にきつくなってきた。
「二人だけでは、しんどいな」と弱気が顔を出したりもしてくる。

しっかり飲んで食って、何とか4時間走りきりましたわ。

20100502
交代の周回数バラバラ。結局38周回か、そんなに走ったかいな?

チームの結果は、周回67周、12位。
おっさんチームとしては、上出来でしょう!
楽しく遊ぶことが出来ましたわ。

私の走行データは、距離66.75km、AVE29.6km/h、平均心拍175、最高心拍200。
最高200は異常表示かもしれんが、心拍むちゃくちゃ高いんですけど・・・
このくらい上がるんじゃろか?いつもはそこまで追い込んでないのか?
AVEは、骨折前に走ったときより遅い。骨折前数年は好調だったもんな。
練習量も減り、年も重ねてきたが、好調時の走りを取り戻したいもんですな。

| | コメント (8)

2010年5月 2日 (日)

平井食堂

確か、うどん屋だったと思って行ってみたら「平井食堂」になっていたのである。
岡山市平井にある食堂・・・そのまんま。

St320712

裏の駐車場側の壁には、
St320713
以前の名残が、まだありましたわ。

PM1:00過ぎに行ったのだが、店内には客一人だけだ。大丈夫か?
最近よくあるセルフ形式の食堂のようであるが、セルフうどん屋のままじゃね~の。
うどんのトッピングが少なく、おかずが多いセルフうどん屋って感じですわ。
やっぱり、かけうどんとかき揚げ、おにぎりである。
が、どど~ん並んでいるはずのうどんは、サイズ中と小が各1つのみ。それも乾いてツヤが無い。しかたなく、それを手に取って湯がいていると奥から次のうどんを1つ並べてましたわ。多分茹でて時間のたったやつから客に出しているんであろう。この時点で、もうガッカリですな。客に美味いものを食わそうという気が見えん!
St320711
麺は、予想通り最悪!!
箸でつまむとブチブチ切れるほどのびている。スーパーの茹で麺の方がマシじゃね。
かき揚げも、粉っぽく油が回りベチャベチャである。
仕方なく食ったが、もう2度と行かん!
いままで、いくつものうどん屋へ行ったが、こんなにマズイのを食ったことが無い。
ひょっとしたら、うどん屋の看板では無理と思い食堂と名前を変えたか?
しかし、そんな甘いもんじゃない!
つぶれるのも時間の問題であろう。

私の評価 無星(★マークも、もったいないわ)

 

| | コメント (0)

2010年5月 1日 (土)

コバノミツバツツジ

昨日上った貝殻山には、ツツジが群生しているのである。
St320702
娘たちが小さいころは、このツツジを見るために貝殻山付近をハイキングするのが、GWの決まりのようになっていたのだ。

St320705 淡紫色の小さな花
まだツボミも多く5分咲きくらいか?
GWの後半には見頃かもしれん。
天候不順のせいか平年より開花が遅いように感じられるわな。

先日読んだ「岡山みてある記」にも、このツツジのことが紹介されていて、”コバノミツバツツジ”という種類で、特に岡山県南には、多くの群生地があると記されていましたわ。
確かに、貝殻山のある玉野市には、他にも王子ヶ岳、深山公園の山、出崎海岸など群生地だらけである。
なぜ玉野市には、群生地が多いのだろうか?
以下は、私の素人考えである。
各群生地には共通点があるのだ。
1.山が岩山で土壌が花崗岩
2.山火事が多い
3.低木が多い
だが、これは全て1.に起因していると思われる。
岩山で土壌が花崗岩のため乾燥している山なので火事が起こりやすい。火事が起こり大きな木が無くなった。
岩山のため、木の根が張れず大きな木が育たない。
結果的に、ツツジのような低木にも日当たりがよくなり、群生しやすい。
っていうのはどうだろうか。
詳しい人に、コメント頂きたいものだ。

そして、玉野市のマンホール
St320701
ツツジが描かれてます。

 

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »