« おかやま歴史の旅百選 | トップページ | きずな 福祉の店 »

2010年9月16日 (木)

塔建築を訪ねて -美作三塔の巻-

早速、「おかやま歴史の旅百選」に掲載の”塔建築をたずねて(美作)”コースを走ってきたのである。
紹介されているコースは、岡山駅→(車35分)→成就寺三重塔→(車25分)→本山寺三重塔→(車25分)→長福寺三重塔。

まずは、成就寺三重塔。
St320858 1808年の再建
成就寺の場所は、建部の奥吉備街道始点の少し西で、何度も前を通っているはずなのだが、三重塔があったのは気付かんかった。

続いて、本山寺三重塔。
St320863 1652年再建(国重文)、県下最大、1989年修復

ここ本山寺(美咲町定宗)は、山中のため地図を見ても位置のイメージがわかないところだったんで、たどり着けるかなと思っていたが、県道52号を東に行ってると看板出てましたわ。ほっ!

この寺であるが、周りには民家も何も無い山中にあるのだ。そして、境内がやたら広い。山門(仁王門)から三重塔は見えません。そして、やたらと古い建物などがある。本堂は1350年とか。
St320866

山門からかなり奥へ行くと、うっそうとした木々に囲まれた三重塔が姿を現すのである。
この寺は、むかし俗世間から離れた修行の場とかだったのかもしれないな。
気の引き締まるような、何かを感じるような場所でしたわ。

最後に、長福寺三重塔。
St320875 1258年建立(国重文)、県下最古の木造建築

こちらの三重塔は、朱に塗られていて遠くからでも良く見えるし、特にツールド武蔵の終盤を走っていると正面に見えてくるため、みんな知っているんじゃないかね。
そういえば、総社の宝福寺三重塔も朱で塗られていたと記憶している。

以上、美作の塔として紹介されているが、成就寺三重塔も美作なんかね?

私としては、本山寺三重塔というか本山寺が良かったねぇ。山奥で雰囲気がよろしい!
とか何とか言っとるが、本当は三重塔や寺は、それほど興味はなかった。
コースを眺めていると、ぐるっと回れて150kmほどになりそうだったんで、ちょっと行ってみるかのノリじゃったわけよ。
20100916 こんな感じで、ぐるっとな。
結局、走行距離160.82 km、走行時間6:20:48、登坂1,200.3m
ひとりセンチュリーランとなりましたわ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

おまけの、マンホールハンター
St320862 建部、旭川と鮎

St320861 建部だが合併後のため、岡山市の図柄

St320867 柵原、星ふる里なんじゃ

St320868 柵原、こちらは鉱山の施設

St320873 英田、何の花かね?

St320877 吉井、雉と葡萄

どこのマンホールもいいデザインだが、市町村合併で今後は無くなってくるのもあるんだろうね。残念ですな。

シリーズ化したので、タイトル変更してやった。(10/7)

|

« おかやま歴史の旅百選 | トップページ | きずな 福祉の店 »

コメント

マンホールを作る型?はあるんだから。
合併してもその地域で使えばいいのにねー

投稿: JIN | 2010年9月17日 (金) 13時20分

JINさん>
ほんと、使えばいいのに。
その地域の特色出とって、いいと思うんだがな。

投稿: つる | 2010年9月17日 (金) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おかやま歴史の旅百選 | トップページ | きずな 福祉の店 »