« OKAYAMA めんキング | トップページ | さぬき純手打ちうどん 一念天 »

2013年2月 3日 (日)

日本のエーゲ海マラソン

”日本のエーゲ海マラソン”runであるが、
左ふくらはぎの不安を抱えたまま、とりあえず現地へ向うことにした。
日曜日の朝は渋滞も無く、牛窓まで50分弱で到着。
駐車場は、ファミマの裏。
ここからフェーリー乗り場まで、歩いて10分程度かな。
フェリーshipで、会場のある前島へ渡るわけよ。

Ca3h1952
フェリー乗り場は、すでに選手たちでいっぱいじゃ。

フェリーで・・・といっても、前島は、目と鼻の先。
Ca3h1953
向こう岸のフェリーがいるところが、前島港。
泳いでもいけそうじゃな。(わたしゃ、よう泳ぎませんが)

乗船時間は、5分くらいか。
Ca3h1955
あっという間に、前島上陸。
送迎バスbusも待機しとります。
ここから、バスで会場のカリヨンハウスまでの方が時間かかったわ。

通勤ラッシュのように大混雑したバスで、キビシイ坂道を上り下りして進んでいってたら、「これがコースなんよ」の声がするじゃねぇの。
噂には聞いとったが、なかなかのアップダウンじゃで。
途中には、昨年末の山火事の跡も・・・
Ca3h1960

左右に大きく揺られながら、会場のカリヨンハウスへ到着。
Ca3h1957
桟橋があるとかだったんで、海辺にある施設かと思っていたら、意外や山の上でしたわ。

そういうところなんで、景色は最高ですぜ。
Ca3h1956
天気は良いし、海も空も真っ青。

Ca3h1958
500人ほどの参加者がいたが、マラソンレース素人の私は、なかなか知り合いにはめぐり合えませんな。
ボランティアを頑張っていたサクライさんと、応援に来ていた方の2名のみでしたわ。
こんなときは、近場の人に話しかけるんよな。

で、心配なふくらはぎであるが、慎重に軽くゆっくりとアップ中も違和感ありありだが、痛くは無いんで走ってみることにしたで。

スタートしてからは、様子を見るがごとく慎重にソロソロ走り。
1kmほど走っただろうか、やはり違和感はあるが痛みは無いのでペースアップしてみた。
大丈夫そう。scissors
走り続けていると、苦しくて足のことを考えられなくなったのか、ほとんど気にならなくなったよ。
それもそのはず、
20130203
こんなアップダウンのコースじゃったもんな。

で、無事完走。
2週間のラン自粛が功を奏したな。

ゴール後は、炊き込みご飯と味噌汁を頂き、風呂に入って時間つぶしですわ。
なんせ、車は本土に停めとるし、港までは遠いし、送迎バスはまだまだじゃし、自分のタイミングで帰れんのは、ちょっと不便かな。

Ca3h1959_2
タイムは、GARMINで47分10秒。
10kmの部で28位ってことかな。
脚の状態、このコースなら上出来じゃ。

参加賞は、
Ca3h1968
タオルに、備前焼の箸置き、アミの干したやつ。
「完走証のタイムは、自分で記入してね」ってことでした。
手作り感満載の大会で楽しかったわ。
こんな、こじんまりとしたのもええな。

最終的には、
「脚が痛くんならんで、ほんまに良かった。」
ってことに尽きる。
これで、安心して走れそうですわ。
でも、油断は禁物じゃな。

|

« OKAYAMA めんキング | トップページ | さぬき純手打ちうどん 一念天 »

コメント

とてもきれいな景色じゃが、中国からの汚染物質で県内も環境基準をこえてるようですなあ・・・
アウトドアで空気を力いっぱい吸い込むのが好きなわれわれには、ものすごく迷惑な話じゃ。
政府には、国民の健康を守るため、島問題以上に声をあげろ!と言いたいが・・・

投稿: tomoji | 2013年2月 3日 (日) 21時37分

tomojiさん>
まったく、同感!

投稿: つる | 2013年2月 4日 (月) 19時00分

頑張ってますね。

私もそろそろ走らなきゃ。。。

投稿: HIDE-chan | 2013年2月 6日 (水) 12時19分

HIDE-chanさん>
早く走らにゃ、シーズン終了してしまいますよ。

投稿: つる | 2013年2月 6日 (水) 21時09分

お、痛みが出ないとは何よりの結果だったね!
それが一番ウレシイんだよなー

投稿: JIN | 2013年2月 7日 (木) 17時15分

JINさん>
ほんと、何を置いても痛くならなかったってことが、うれしかったわ。

投稿: つる | 2013年2月 7日 (木) 18時07分

2015年の出るので参考になりました

投稿: ひろし | 2015年1月31日 (土) 15時45分

ひろしさん>
頑張ってください!!

投稿: つる | 2015年1月31日 (土) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OKAYAMA めんキング | トップページ | さぬき純手打ちうどん 一念天 »