« 今年後半のレース・イベント | トップページ | 最近の”仕事帰りの・・・” »

2018年8月 5日 (日)

2ヶ月ぶりなチーム練のつもりが、完全ソロ練

久ぶりに日曜日の午前中がフリーなもんで、2ヶ月ぶりにチーム練bicycleへ参加することとした。
まずは、いつものようにチーム練前にソロ練じゃsign03
Dsc_1023
コースは種松山1本上って帰るだけ・・・2時間、50kmほど。

チーム練集合場所へ行くと、まだ誰もいませんがな・・・待っても誰も来ませんがな・・・ sad

Dsc_1024
8:15・・・ひとりで出発。
チーム練のつもりが誰もおらんもんじゃから、モチベーションダウン、低負荷練とならざるをえないわな。

たら~っと走るのもなんじゃから、金甲山通行止めの調査でもしてみるか。
表が通行止めなら裏金はsign02
Dsc_1025
車止めは、イノシシ除けの柵の扉に変わっとります。
柵には「自転車で走られる方へ この地区へイノシシ出没を防ぐための柵です。ちゃんと閉めてね。」みたいなことを掲示しているようです。(文字が消えて読めない)
裏金を走る自転車乗りの方、ちゃんと閉めて出入りしましょsign03

というように、扉を開けて入れるようですが、そこまでする必要も無しと引き返す。

半島をグルッと回って、表から金甲山へ。
分岐を曲がるとすぐに看板
Dsc_1043

その先に「全面通行止」
Dsc_1041
今回の「通行止」が道路法の規制なら、全ての通行する車両に及ぶ。つまり、土砂崩れや崩落によって通行不能となった場合には、安全性を欠いているので、一般車両はもちろん、緊急車両であっても通行することができないらしい。

今回のみ、申し訳ないが安全に十分注意し先に進ませてもらう。coldsweats01

いままで、あまり崩れたことの無いところが土砂崩れ。
Dsc_1036
2車線確保はできているが、まだ手付かずに近い。
大雨が降ると土砂流出の可能性大。

その先には、ちょくちょく土砂の流れ出るところが崩れとります。
Dsc_1027
こちらも土嚢は置いているが、手付かずに近い。
道路幅は減少し、1車線しかありません。

そして、頂上間近で道路が大きく崩落。ここは以前にも崩落していた場所。
Dsc_1034
コーンを設置しているだけの状態。

ここからは、すぐに頂上駐車場なんで、この先は大丈夫だと思えます。
あくまで調査なんで、頂上までは上らずここで引き返すことにした。

工事をしてなければ通れそうですが、安全に通れるとは言いがたい。無人のときに事故が起こっては大変ということで「全面通行止」としているのでしょう。

約1ヶ月間の「通行止」で、木の枝は伸び放題になってきとります。
Dsc_1037
車線上に覆いかぶさってきとります。

状況確認ができたんで、今後は「通行止」が解除になるまでは金甲山には上りません。
早い復旧を願います。

結局、こんな感じで
20180805
トータル106km、5時間ほどのソロ練となってしまいました。

|

« 今年後半のレース・イベント | トップページ | 最近の”仕事帰りの・・・” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年後半のレース・イベント | トップページ | 最近の”仕事帰りの・・・” »