2018年2月18日 (日)

第30回 矢掛本陣マラソン全国大会

今月2度目のレースrunは、”第30回 矢掛本陣マラソン全国大会” 飛脚コース(ハーフ)。

Dsc_0547

朝は結構冷えとります。駐車場の旧矢掛商業グラウンドには霜柱が出来とるで。

今回は、初めてやってみることが2つある。
サングラスとカーフ。
サングラスは邪魔と思って着用して走ったことはなかったが、集中できるんじゃないかと今回着用。
カーフは、右ふくらはぎが痛くなることがあったので・・・。
効果のほどはsign02

2週間前の”べいふぁーむ笠岡マラソン”で、ハーフ公認コースのベストタイムの1時間40分18秒なんかが出たもんじゃから、密かに100分切りを狙っとりますがな。
ネガティブスプリットないいペースだったが19秒足らんかったんで、今回は前半突っ込んでみた。dash
前半は48分21秒good

しかし、明らかに後半タレてしまいましたわ。down
気温が上がってきて汗sweat01まみれ、右ハムストリングスは攣りそうな違和感bearing、さらに終わり数kmくらいから軽くハンガーノック気味。エネルギー不足じゃったかね。
ゴール寸前最後の上りは、走っているつもりなのだが、早歩きほどのペースじゃなかっただろうか。
結果、後半が51分53秒の
Dsc_0549
1時間40分14秒(公式タイム)
ハーフ公認コースのベストタイム。scissors
なんとか”べいふぁーむ笠岡マラソン”のタイムを更新したものの、100分切りはならず。sad

”べいふぁーむ”(グレー)と”矢掛”(薄紫)のラップタイム比較
Split
コースが違うんで単純比較は出来んが、後半のタレ方、特に最後の上りは半端ない遅さじゃな。

今シーズンは100分切りのチャンスと思っていたのだが、お預けじゃね。
しかしまぁ、アップupwardrightダウンdownwardrightのあるこのコースでの、このタイムwatchなら良しとしておこう。
20180218

rvcarに戻るとスタート前に食い忘れた練羊羹が、車中で温かくなっとりました。
ちょっと、しくったな。
Dsc_0551
これさえ食っとれば・・・そんなに甘くはねぇよな。

| | コメント (4)

2018年2月 4日 (日)

べいふぁーむ笠岡マラソン

”べいふぁーむ笠岡マラソン”「ハーフ男子50歳以上」を走ってきた。run

車で自宅を6:45に出発。car
福富でR2の高架へ上がった途端、警察車両が止まっとります。
事故でもしとったのか、いきなり通行止めで側道へ下ろされて渋滞。carrvcarbus
笠岡間近でも里庄付近から渋滞。carrvcarbus
とどめは笠岡陸上競技場への左折で渋滞。carrvcarbus
結局、1時間半くらいかかった、もっとかなぁ・・・

到着後、まずは受付。
Dsc_0486
行列も無く、非常にスムーズ。

Dsc_0484
この大会は陸上競技場内のトラックを発着とするし、 ゴール地点にはタイム表示の電光掲示板はあるし、なんか立派な大会に出場しているような気分になれるわ。good

ほんでもって、開会式。
Dsc_0490
参加者はメインスタンドに集まって、大会役員はトラックに。

今日は天気は良いが、寒い&風が強いとの天気予報だったんで、服装は長袖(インナーも長袖)を用意してきた。
Dsc_0492
ランTシャツなんて持ってないんで、 いつものチームジャージ。

さてレースは、
子どもたちのカウントダウンとともに10:00スタート。dash
トラックを出るまでは、5分30秒くらいのペースでゴチャゴチャ。
競技場の外の道出るも、まだ、ペースの遅いランナーも混じっていて走りにくい。despair
1kmくらい走ってから、やっと落ち着いたかな。

20180204
周回コース(日本陸連公認)は干拓地なもんで、ほぼフラット。
風を遮るものは皆無、西がらみの風が強いで。
周回なもんで、交互に向かい風、追い風が吹くのよ。
そんな中、ペースを維持して走るのが難しいわ。

コース周辺は、全て農地なんで沿道の応援は無し。
声をかけてくれるのは、ほぼスタッフの方と牛舎の牛taurusがモーってくらいか。
周回コースにすることでスタッフの人数も削減できるんでしょうね。
寒い中ありがたいもんです。

コースにはキロ、中間地点の表示もあり分かりやすい。
中間地点でのタイムは、なんと51分台sign01
20180204_3
ゴールの目標105分に対して、1分以上のアドバンテージができた。

その後も風に苦しめられながら、ペースを必死で維持して走ったで。
20180204_1
後半は、前半よりもペースを上げてup走ることが出来たわ。

結果、
Dsc_0498
1時間40分18秒。惜しいsign01
あと19秒で100分切りだったか。
しかし、結果には大満足scissorsハーフのベストタイムじゃもんね。sign03
目標を大幅に上回ったし、ネガティブスプリットで走れとるしな。
ドーピングの効果か?

ゴール後のご褒美は、うどん。
Dsc_0495
暖まるわぁ。ごちそうさまでした。

最後に、この大会の感想を。
発着が陸上競技場のトラックなんで、特にゴールは気分がいい。
コースは、ほぼフラットで記録が出やすく走りやすい。
応援は皆無なんで無心で走るのみ。
風を遮るものがないので、冬場は体感的に寒い。
参加賞のタオルは、大きくてなかなか良いかと。
景色を楽しみながら走ろうって考えてる方は、ちょっとねって感じ。

来年、記録を狙って走る気があればエントリーするかも・・・いや、ないかsign02

| | コメント (2)

2017年12月10日 (日)

第12回浅口市マラソン大会

今シーズンのラン初のレースは、”第12回浅口市マラソン大会” 10kmの部。run
以前、キノPさんとbicycle練習がてらエントリーしにきたやつ。
Dsc_0345

初めての参加なんで、コースもようわからん。
Dsc_0332
掲示板に張ってあるコースを眺めていると、他の参加者から「ここからのキツイ上りが始まるんよ」って教えてもらった。
てっきり、海沿い&干拓地のド平坦を走るのかと思っとりました。
Dsc_0339
駐車場の向こうに見える山に上る道を走るようじゃな。

受付後に、以前、やまうちサイクルでお目にかかったサクラさんと遭遇。
少々話をして、車に戻りぼちぼちと準備&アップ。

10kmの部には350名ほどがエントリーしとるようです。
整列位置は、前1/3くらいのところに陣取ってスタートdash
いつもながら、スタート直後のトラック内は人が多く走りづらいが、外へ出ると道が広く意外にバラけてペースをつかめた。

そして集落に入ると噂の上りが現れた。up20171210
キツイところでは斜度10%を超えとんじゃないかと思われる坂。
歩くが人が多数続出しとります。
ほとんど登山じゃな。bearing

その上りをクリアすると急な下り、後はほぼ平坦。やっと一定のペースで走れますわ。
集落、干拓地を走り、三ツ山の目の前で折り返し、三ツ山スポーツ公園へ向け最後のあがきでゴール。
Dsc_0353_2
GARMINでは、45分44秒。
ここ数年は48分前後だったんで、かなりええペースな10kmでしたわ。
今シーズンは再びピーク時の45分切りが狙えるかsign02と思わせる走りが出来たか・・・
ちょっと考えが甘い気もするが。
Dsc_0350
順位は76位。上出来です。

サクラさんは、さすがに速い。
42分ほどの20位台だったかな。すばらしいsign03

参加賞はタオルなんだが、10kmの部にエントリーしている人には完走後に抽選で特産品が頂けます。
Dsc_0343

三角くじを引くと、
Dsc_0351
「あたご梨 秀品 2玉」を頂きました。happy01
これだけで、エントリー費の額を上回っているんじゃないかな。
なんか申し訳ないほどのお得感。
来年もエントリーしようと思ったわ・・・あの坂がなければなぁ・・・

総じて◎なレースでした。

| | コメント (4)

2017年11月26日 (日)

満濃池 空海 こんぴら しあわせツーデーウオーク

我が家のおばさんとウォーキングイベントrunに参加してきた。
今回は県外遠征じゃでsign01
香川県で開催の”満濃池 空海 こんぴら しあわせツーデーウオーク”を歩いてきた。
Dsc_0240
コースはイベント名でも分かると思うが、観光名所の満濃池、善通寺(空海誕生の地)、金刀比羅宮を歩いて巡るように設定されている。

会場は、国営讃岐まんのう公園。
天気予報は晴れsunのはずだったが、実際は曇りcloud。日差しがないので体感的には寒いわ。

受付を終わらせスタート地点へ集合してみると
Dsc_0244
なぜだか、参加者が少くねぇで。
過去に参加した”瀬戸内倉敷ツーデーマーチ”なんかに比べると桁が違うレベルじゃなかろうかsign02

ウォーキングイベントは、年齢層が高いんで念入りな準備体操をしたあとの8:40スタート。
まんのう公園内のクロスカントリーコースを歩いて園外へ抜けるのだが、クロスカントリーコースだけあってアップダウンがキツイもんで、おばさんのペースは上がりません。

園外へ出ると
Dsc_0245
紅葉mapleが水面に映る満濃池に出る。
Dsc_0246
池畔の道は、ほぼ平坦。ペースもやっと上がってきた。up

川の土手、JR沿線の田舎道を歩き、琴平町のこんぴらさんへ向う。
ええペースで歩き続けて行きたいのだが、寒いもんで、じじぃはトイレ休憩toiletが多くなるな。

こんぴらさん付近へ到着したんで、チェックポイントの酒蔵資料館「金陵の里」で休憩じゃと思っていたら、なんと、コースはこんぴらさんの石段を上るじゃないですかsign03
Dsc_0248_2
観光客が多く真っ直ぐ歩けんし、どんどん上るもんじゃから、おばさんの心は折れそうになりますがな。sad
参道脇のお土産屋を覗き、気を紛らわせているようじゃったな。

結局、「旭社」まで上る羽目に・・・
Dsc_0249_2
なんと、チェックポイントは「旭社」だったのよ。
参拝して再び歩き始めます。
Dsc_0251
下りは、色付いたイチョウやカエデを見たり、「石松まんじゅう」を食ったりしながら、「金陵の里」へ向います。
「金陵の里」は、単なる休憩ポイントでしたわ。

次のチェックポイントの「善通寺」までは、ほぼアップダウンはないはず。
補給riceballしながら快調に脚を進めて、無事到着。
Dsc_0254
ここでも参拝して、立派な五重の塔などを見学してっと。eye
Dsc_0252
さぁ、ゴールに向けて再スタートなんだが、腹が減っているんで昼飯をとることにした。
せっかく讃岐へ来ているんじゃから、うどん食わにゃってことで、うどん屋を探しながら歩きます。
”麺賊”っていうセルフ店を見つけて、うどん食ってエネルギー満タン。happy01

あとは、見所もないのでひたすら歩くのみ。
ただ、問題が1点。
あまりにも、完歩制限時間watchまでの余裕がないのよ。
こんぴらさんや善通寺、うどん屋で時間を費やしたが、そんなに遅いペースで歩いていたわけではないじゃけど。
途中、昨年も参加した方に話を聞くと、このコースは制限時間がありえんくらい厳しいとのこと。
パンフレット記載の残り3km付近で大丈夫と思っていたら、距離表示が違うようでもっと長いし、最後1kmほどは上りupwardrightじゃわ。
おばさんは、最後の力を振り絞り、やや小走り気味で何とか制限時間ピッタリでゴールsign03
じじぃは余裕があったが、おばさんは限界だったようで、フルマラソンをやっと完走した感じでしたわ。
35kmよく歩きました、よく頑張りましたsign03

頑張ったご褒美に、まんのう公園で開催されている”ウィンターファンタジー”ていうライトアップ、イルミネーションを見て帰ることにした。
PM5時過ぎ・・・点灯flair
Dsc_0269
完全な日没後、真っ暗になると
Dsc_0295

Dsc_0285

Dsc_0273
なかなか綺麗でしたわ。shine
イルミネーション目当てお客さんも大勢が訪れとりました。
客層は小さな子供連れの家族&カップルが大半。
私らのような年齢層は少なめでしたな。(一応カップルではありますが・・)

今回はきつかったようだが、いいイベントがあれば、「また、歩くよ!」ってことなんで、よかった、よかった。

| | コメント (2)

2017年10月21日 (土)

ファンライド鏡野中止

今シーズン最後のイベントbicycleとしてエントリーしていた”ファンライド鏡野”だが、

========================================

ファンライド鏡野参加者 各位

このたびはファンライド鏡野2017にエントリーいただきありがとうございました。
台風接近のため、10月22日(日)開催予定のファンライド鏡野2017は中止します。
来年の参加をお待ちしています。
========================================

というメールが届きました。

まぁ、大会が中止じゃなくてもDNSの予定だったんでとくに慌てることもないわな。

さぁ、これで完全にシーズンオフ。
ランモードに切り替えるかね。

次のイベントは、11月の”満濃池 空海 こんぴらしあわせツーデーウオーク”
ウォーキングイベントrunじゃけどね。
しっかり歩いて、本場讃岐うどんを食う予定。

| | コメント (2)

2017年10月 1日 (日)

浅口市マラソン申込ライド

今日は、”高梁ヒルクライム”の開催日。
ヒルクライムレースbicycleにしては、珍しくチームメンバーが大量にエントリーしとります。
そんな日のチーム練には、誰も集まらんのじゃないかと考え、”浅口市マラソン”runのエントリーがてら寄島まで走ろうと考えとりました。

とりあえず、集合場所に行ってみると、M宅さんとキノPさんが登場。
M宅さんは、渋川でオープンウォータースイミング大会waveの観戦予定とかで茶屋町手前で離脱。
キノPさんと2人で寄島まで・・・
20171001

ええペースで走ったもんで、10:30には目的地の浅口市ふれあい交流館「サンパレア」 に到着し”浅口市マラソン”のエントリー完了。
「キノPさんもどうsign02」tって誘ったけど、断られましたわ。
Dsc_0130
エントリー費¥1,500也。
安っsign01今までエントリーした中で最安値じゃなかろうか。

目的は果たしたので後は帰るだけ、ただ帰路は向かい風となったので少々時間がかかったが、距離がピッタリ100kmのライドとなりました。happy01

| | コメント (2)

2017年9月24日 (日)

道の駅グルメライドin中国山地

”道の駅グルメライドin中国山地”っていうイベントに参加してきた。
現地で、広島のまるこ。さん&パワフルF原さんと合流。

広島県三次市「道の駅ゆめランド布野」~「道の駅ふぉレスト君田」~庄原市「道の駅たかの」 ~島根県奥出雲町「たたら角炉伝承館」~雲南市「道の駅たたらば壱番地」~飯南町「道の駅頓原」~「道の駅赤来高原」~スタート地点の「道の駅ゆめランド布野」を巡るロングライドイベント。bicycle
In_20170923_3

中国山地を走るんで、アップダウンも結構あります。
”グルメライド”というユルユルそうな言葉の響きでエントリーした人は、騙された感ありかもな。
In_20170923_4

開会式後、2番目のグループでスタート。dash
順調に走っていたのもつかの間、8kmほどのところで、まるこ。さんトラブル。impact
Dsc_0095_2
タイヤがこんなことになっとります。
幸いにも、怪我も機材の損傷もなく、サポートスタッフの予備タイヤと交換し、最後尾となったものの再スタートすることが出来ました。

でもって、少々走ると、
最初のAS「道の駅ふぉレスト君田」に到着。
Dsc_0097_2
ドリンク&補給食にはバナナbanana、焼き立てパンbread2種類、三次ピオーネ。美味いsign03
振り向くと、後ろのテントには、
Dsc_0100_2
わにスープ。サメの味噌汁じゃね。

グルメも食って元気にスタート。

高梁HCコースのようなダラダラを20kmほど上ると、upwardright
第2AS「道の駅たかの」到着。
Dsc_0103_3
定番のバナナ。banana

Dsc_0102_3
高野りんごapple2切れ。幻のりんごらしい。
元気のいいおばちゃんが、みんなの口へ運んでくれてました。

Dsc_0104_2
かぼちゃコロッケ。大きめです。
もちろん、ドリンクも頂きました。
ここでもタップリ食わせてもらいました。

ちょこっと走ると島根県に入り第3AS「たたら角炉伝承館」
Dsc_0107_2
仁多米おにぎりriceball、漬物、お茶japanesetea&バナナbananaと控えめな量で、なんかホッとしたりして・・・。

その後は、峠道という表現がピッタリの細い急な本日一番の上りupを超え、
次の第4AS「道の駅たたらば壱番地」へ。
Dsc_0110_2
ここの補給食は、ボリューム満点の木の葉丼、ままたまごぷりんベースのオレンジゼリー、バナナとドリンクは必ず。

そろそろ、お腹に補給食が溜まった感があるにもかかわらず、
Dsc_0112_2
道の駅店舗前のテントで売っていた、美味そうなシジミ汁(シジミは沈んで見えんが)を飲んでしもうた。

段々と脚も腹も疲れた感があるが、ここから長めの上りが始まる。
案の定、峠の終わりごろにはパワーが・・・クランクをくるくると誤魔化しながら上って、
第5AS「道の駅頓原」
ここのグルメも、なかなか手強い。
Dsc_0114_2
奥出雲ポークpig煮豚串。柔らかく美味いわsign01

Dsc_0115_4
たこ焼き4個、アイスクリームは、老眼に良さそうなブルーベリー味をチョイス。
もちろん、バナナ、ドリンク付き。
お腹はいっぱいになってきた。sad

飯南HC開催の琴引フォレストパークの入口を通過して、
最後のAS「道の駅赤来高原」到着。
ここのグルメは、
Dsc_0117_2
ミルクフランスパンbread、野菜タップリmielスープ、プチトマト、ぶどうもありました。
ミルクフランスパンは半分食べて、残りはジャージのポケットでご勘弁。
前傾姿勢が苦しいほどの食いっぷりじゃ。

ここから最後の峠を越えて再び広島県、「道の駅ゆめランド布野」へゴール。
無事完走sign01
結局、127km、6時間45分(走行時間は4時間30分)ほど遊びましたわ。

でも、まだグルメは終わりません。
ゴールのご褒美に、布野こだわりアイス。
Dsc_0120_2
抹茶と酒粕(見えてないけど)のダブル。
Dsc_0118_2
アイス屋さんは、行列の出来る店に大変身。
全員がゴールするまで行列は続くんでしょうな。
店のスタッフは、すでに疲れ気味でしたわ。

残ってたジャージポケットのミルクフランスも食って、
なんとか無事完食sign03

”グルメライド”の名に恥じないイベントでしたsign03

| | コメント (4)

2017年9月10日 (日)

湯来ヒルクライム2017

初エントリーの”湯来ヒルクライム2017”bicycleに参加してきた。
開催地は、広島市佐伯区湯来町。
行ったことの無いところなもんじゃからナビの指示に従っ走ったら、対向車をかわせんような林道を走らせやがった。
迷子になったかと思ったわ。
片道約3時間、200kmcar ・ ・ ・ ・ 遠いな。

何とかたどり着いたところは、
Dsc_0056
のどかな山間の町。

Dsc_0058_2
会場の”YMCAコンフォレスト湯来”には、「歓迎」の横断幕。

Dsc_0057
木製のバイクスタンドは「ちゅうりん木」というらしい。

受付を終わらせ、ローラーでアップ。
じじぃは、いきなり心拍heart01上げれませんからねぇ。

Dsc_0064
ゼッケンNo.16。

今年は、計測方法が変更になったということで、1人づつ1分間隔でスタートのタイムトライアル。
参加者は102名なんで最後の選手はスタートまで単純計算でも102分かかる。
ゼッケン順でスタートなもんで、私は早めの16番。ということはゴール後に待ち時間大ってことじゃね。

会場からスタート地点までも、時間差があるんで20名ずつ移動となっとります。
Dsc_0059
マッタリと移動時間を待つ面々。

スタート地点でも
Dsc_0060
一斉スタートじゃないんで、なんかマッタリ。
緊張感が無かったなぁ。

で、スタートなんだが、No.15の方がDNSだったんで、私は前走者がスタートして2分後のスタートなもんで、一生懸命前を追うも、いつまで走っても誰も見えません。
一人ぼっちで走っとります。
ただ、頑張って上るのみ。
後半になって、女性&オープン参加の”ちゃりん娘”と男性を1人かわしたが、この走りがいいタイムなのかどうなのかsign02
初参加のレースは、よう分りませんわ。
ただ、追い込んだ走りは出来た感はあったで。
Photo

8km地点から下って再び上り返して、また頑張るかって思ったら、なんとゴール。
ちょっと間の抜けたゴールだったが、とりあえず完走じゃ。

ゴール後は、スタッフのおもてなし。
Dsc_0062
うどん、おにぎり、漬物。
美味しく頂きました。

ここからの待ち時間が長い。
Dsc_0065
ブルーシートの上で、なんとか時間を過ごすが、下山までの約2時間は長いで。

そして、下山。
安全のために先導車に続いて下るのだが、非常にゆっくりと上りと同じ時間かけて下ったわ。
ブレーキのかけ過ぎで、リムが熱くなったんじゃないかな。

会場へ戻りしばらくすると、リザルト発表。
Dsc_0068

私は、男子マスターズクラス(40歳以上)7位 33分16秒
上出来ですな。
(2017/9/13追記)
公式総合順位リザルトが発表されてます。

リザルトにはスタート&ゴール時間が表記されとりますが、これはチップを使わず時計clockで計測した証。
このアナログ仕様が、アットホームな手作り感のある大会でなかなかよろしいsign01

閉会式後には、ジャンケン大会。scissors
なかなかの商品が多数スポンサーから提供されとりましたが、いつもと同じく収穫無しですわ。
終了後には参加賞の入浴券を使って”湯の山温泉館”spaで汗を流して帰路につく。

面白い大会で良かったが少々遠いもんで、来年もとはいかんかな。

| | コメント (6)

2017年9月 9日 (土)

レース前2日間

先週は雨が多く「仕事帰りの・・・」は、ほとんど出来なかったが、昨日ようやく「児島半島東周回ショートカット版」を走ることが出来た。bicycle
20170908
長谷峠以外は、ほぼ平坦。
レースが近いんで、メディオレベルの落ち着いた走りでくるっとな。

Dsc_0050
飽浦で長い間工事していた100mほどのバイパスが、片側交互通行で仮開通しとりました。

今日は、湯来HCのためにホイールを交換し、バイクの確認もかねて児島半島を1周。
20170909
前半だけ少々頑張って後半はタラ~っと。

帰ってからは、レースの準備。
案内メールmailtoも昨日届いた。
初参加のレースは、メールもしっかり読んどかんとな。
飯南なんかと違い行き慣れてないから遠く感じるじゃろーな。rvcar
運転きつそう。sad
さて、レースはどうなることかsign02

| | コメント (0)

2017年9月 7日 (木)

参加通知書が届いた

ゆるキャラ「きりこちゃん」から、早々と9/23開催の”道の駅グルメライド”bicycleの参加通知書が届いた。mail
Dsc_0048
珍しく土曜日開催なんよな。
最近は、平日の帰宅が遅くなることはないし、三次までは高速道が繋がっとるし、そんなには時間はかからんので、運転が好きでない私でも大丈夫圏内のはず。
レースじゃないしマイペースで走って、美味いもの食って帰るかね。happy01

まぁ、先のことはええんじゃけど、今週末のレース”湯来ヒルクライム”の参加通知がまだ届いとらんのよ。
エントリーしたつもりになっているだけじゃ無かろうな。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧