2017年10月 1日 (日)

浅口市マラソン申込ライド

今日は、”高梁ヒルクライム”の開催日。
ヒルクライムレースbicycleにしては、珍しくチームメンバーが大量にエントリーしとります。
そんな日のチーム練には、誰も集まらんのじゃないかと考え、”浅口市マラソン”runのエントリーがてら寄島まで走ろうと考えとりました。

とりあえず、集合場所に行ってみると、M宅さんとキノPさんが登場。
M宅さんは、渋川でオープンウォータースイミング大会waveの観戦予定とかで茶屋町手前で離脱。
キノPさんと2人で寄島まで・・・
20171001

ええペースで走ったもんで、10:30には目的地の浅口市ふれあい交流館「サンパレア」 に到着し”浅口市マラソン”のエントリー完了。
「キノPさんもどうsign02」tって誘ったけど、断られましたわ。
Dsc_0130
エントリー費¥1,500也。
安っsign01今までエントリーした中で最安値じゃなかろうか。

目的は果たしたので後は帰るだけ、ただ帰路は向かい風となったので少々時間がかかったが、距離がピッタリ100kmのライドとなりました。happy01

| | コメント (2)

2017年9月24日 (日)

道の駅グルメライドin中国山地

”道の駅グルメライドin中国山地”っていうイベントに参加してきた。
現地で、広島のまるこ。さん&パワフルF原さんと合流。

広島県三次市「道の駅ゆめランド布野」~「道の駅ふぉレスト君田」~庄原市「道の駅たかの」 ~島根県奥出雲町「たたら角炉伝承館」~雲南市「道の駅たたらば壱番地」~飯南町「道の駅頓原」~「道の駅赤来高原」~スタート地点の「道の駅ゆめランド布野」を巡るロングライドイベント。bicycle
In_20170923_3

中国山地を走るんで、アップダウンも結構あります。
”グルメライド”というユルユルそうな言葉の響きでエントリーした人は、騙された感ありかもな。
In_20170923_4

開会式後、2番目のグループでスタート。dash
順調に走っていたのもつかの間、8kmほどのところで、まるこ。さんトラブル。impact
Dsc_0095_2
タイヤがこんなことになっとります。
幸いにも、怪我も機材の損傷もなく、サポートスタッフの予備タイヤと交換し、最後尾となったものの再スタートすることが出来ました。

でもって、少々走ると、
最初のAS「道の駅ふぉレスト君田」に到着。
Dsc_0097_2
ドリンク&補給食にはバナナbanana、焼き立てパンbread2種類、三次ピオーネ。美味いsign03
振り向くと、後ろのテントには、
Dsc_0100_2
わにスープ。サメの味噌汁じゃね。

グルメも食って元気にスタート。

高梁HCコースのようなダラダラを20kmほど上ると、upwardright
第2AS「道の駅たかの」到着。
Dsc_0103_3
定番のバナナ。banana

Dsc_0102_3
高野りんごapple2切れ。幻のりんごらしい。
元気のいいおばちゃんが、みんなの口へ運んでくれてました。

Dsc_0104_2
かぼちゃコロッケ。大きめです。
もちろん、ドリンクも頂きました。
ここでもタップリ食わせてもらいました。

ちょこっと走ると島根県に入り第3AS「たたら角炉伝承館」
Dsc_0107_2
仁多米おにぎりriceball、漬物、お茶japanesetea&バナナbananaと控えめな量で、なんかホッとしたりして・・・。

その後は、峠道という表現がピッタリの細い急な本日一番の上りupを超え、
次の第4AS「道の駅たたらば壱番地」へ。
Dsc_0110_2
ここの補給食は、ボリューム満点の木の葉丼、ままたまごぷりんベースのオレンジゼリー、バナナとドリンクは必ず。

そろそろ、お腹に補給食が溜まった感があるにもかかわらず、
Dsc_0112_2
道の駅店舗前のテントで売っていた、美味そうなシジミ汁(シジミは沈んで見えんが)を飲んでしもうた。

段々と脚も腹も疲れた感があるが、ここから長めの上りが始まる。
案の定、峠の終わりごろにはパワーが・・・クランクをくるくると誤魔化しながら上って、
第5AS「道の駅頓原」
ここのグルメも、なかなか手強い。
Dsc_0114_2
奥出雲ポークpig煮豚串。柔らかく美味いわsign01

Dsc_0115_4
たこ焼き4個、アイスクリームは、老眼に良さそうなブルーベリー味をチョイス。
もちろん、バナナ、ドリンク付き。
お腹はいっぱいになってきた。sad

飯南HC開催の琴引フォレストパークの入口を通過して、
最後のAS「道の駅赤来高原」到着。
ここのグルメは、
Dsc_0117_2
ミルクフランスパンbread、野菜タップリmielスープ、プチトマト、ぶどうもありました。
ミルクフランスパンは半分食べて、残りはジャージのポケットでご勘弁。
前傾姿勢が苦しいほどの食いっぷりじゃ。

ここから最後の峠を越えて再び広島県、「道の駅ゆめランド布野」へゴール。
無事完走sign01
結局、127km、6時間45分(走行時間は4時間30分)ほど遊びましたわ。

でも、まだグルメは終わりません。
ゴールのご褒美に、布野こだわりアイス。
Dsc_0120_2
抹茶と酒粕(見えてないけど)のダブル。
Dsc_0118_2
アイス屋さんは、行列の出来る店に大変身。
全員がゴールするまで行列は続くんでしょうな。
店のスタッフは、すでに疲れ気味でしたわ。

残ってたジャージポケットのミルクフランスも食って、
なんとか無事完食sign03

”グルメライド”の名に恥じないイベントでしたsign03

| | コメント (4)

2017年9月10日 (日)

湯来ヒルクライム2017

初エントリーの”湯来ヒルクライム2017”bicycleに参加してきた。
開催地は、広島市佐伯区湯来町。
行ったことの無いところなもんじゃからナビの指示に従っ走ったら、対向車をかわせんような林道を走らせやがった。
迷子になったかと思ったわ。
片道約3時間、200kmcar ・ ・ ・ ・ 遠いな。

何とかたどり着いたところは、
Dsc_0056
のどかな山間の町。

Dsc_0058_2
会場の”YMCAコンフォレスト湯来”には、「歓迎」の横断幕。

Dsc_0057
木製のバイクスタンドは「ちゅうりん木」というらしい。

受付を終わらせ、ローラーでアップ。
じじぃは、いきなり心拍heart01上げれませんからねぇ。

Dsc_0064
ゼッケンNo.16。

今年は、計測方法が変更になったということで、1人づつ1分間隔でスタートのタイムトライアル。
参加者は102名なんで最後の選手はスタートまで単純計算でも102分かかる。
ゼッケン順でスタートなもんで、私は早めの16番。ということはゴール後に待ち時間大ってことじゃね。

会場からスタート地点までも、時間差があるんで20名ずつ移動となっとります。
Dsc_0059
マッタリと移動時間を待つ面々。

スタート地点でも
Dsc_0060
一斉スタートじゃないんで、なんかマッタリ。
緊張感が無かったなぁ。

で、スタートなんだが、No.15の方がDNSだったんで、私は前走者がスタートして2分後のスタートなもんで、一生懸命前を追うも、いつまで走っても誰も見えません。
一人ぼっちで走っとります。
ただ、頑張って上るのみ。
後半になって、女性&オープン参加の”ちゃりん娘”と男性を1人かわしたが、この走りがいいタイムなのかどうなのかsign02
初参加のレースは、よう分りませんわ。
ただ、追い込んだ走りは出来た感はあったで。
Photo

8km地点から下って再び上り返して、また頑張るかって思ったら、なんとゴール。
ちょっと間の抜けたゴールだったが、とりあえず完走じゃ。

ゴール後は、スタッフのおもてなし。
Dsc_0062
うどん、おにぎり、漬物。
美味しく頂きました。

ここからの待ち時間が長い。
Dsc_0065
ブルーシートの上で、なんとか時間を過ごすが、下山までの約2時間は長いで。

そして、下山。
安全のために先導車に続いて下るのだが、非常にゆっくりと上りと同じ時間かけて下ったわ。
ブレーキのかけ過ぎで、リムが熱くなったんじゃないかな。

会場へ戻りしばらくすると、リザルト発表。
Dsc_0068

私は、男子マスターズクラス(40歳以上)7位 33分16秒
上出来ですな。
(2017/9/13追記)
公式総合順位リザルトが発表されてます。

リザルトにはスタート&ゴール時間が表記されとりますが、これはチップを使わず時計clockで計測した証。
このアナログ仕様が、アットホームな手作り感のある大会でなかなかよろしいsign01

閉会式後には、ジャンケン大会。scissors
なかなかの商品が多数スポンサーから提供されとりましたが、いつもと同じく収穫無しですわ。
終了後には参加賞の入浴券を使って”湯の山温泉館”spaで汗を流して帰路につく。

面白い大会で良かったが少々遠いもんで、来年もとはいかんかな。

| | コメント (6)

2017年9月 9日 (土)

レース前2日間

先週は雨が多く「仕事帰りの・・・」は、ほとんど出来なかったが、昨日ようやく「児島半島東周回ショートカット版」を走ることが出来た。bicycle
20170908
長谷峠以外は、ほぼ平坦。
レースが近いんで、メディオレベルの落ち着いた走りでくるっとな。

Dsc_0050
飽浦で長い間工事していた100mほどのバイパスが、片側交互通行で仮開通しとりました。

今日は、湯来HCのためにホイールを交換し、バイクの確認もかねて児島半島を1周。
20170909
前半だけ少々頑張って後半はタラ~っと。

帰ってからは、レースの準備。
案内メールmailtoも昨日届いた。
初参加のレースは、メールもしっかり読んどかんとな。
飯南なんかと違い行き慣れてないから遠く感じるじゃろーな。rvcar
運転きつそう。sad
さて、レースはどうなることかsign02

| | コメント (0)

2017年9月 7日 (木)

参加通知書が届いた

ゆるキャラ「きりこちゃん」から、早々と9/23開催の”道の駅グルメライド”bicycleの参加通知書が届いた。mail
Dsc_0048
珍しく土曜日開催なんよな。
最近は、平日の帰宅が遅くなることはないし、三次までは高速道が繋がっとるし、そんなには時間はかからんので、運転が好きでない私でも大丈夫圏内のはず。
レースじゃないしマイペースで走って、美味いもの食って帰るかね。happy01

まぁ、先のことはええんじゃけど、今週末のレース”湯来ヒルクライム”の参加通知がまだ届いとらんのよ。
エントリーしたつもりになっているだけじゃ無かろうな。

| | コメント (2)

2017年8月21日 (月)

あれっ?

あれっsign0210月は”FR鏡野”しかエントリーしてなかったっけsign02

久々に”北播磨サイクルエンデューロ”でも走ってみるか。
前回は3Hソロを走ったんよな。

スタート時間なんかを考えると、3Hエンデューロが一番参加しやすい。
ソロで走るかsign02チームで走るかsign02エントリーするのかsign02

締め切りは、9/27。
もう少し考える時間あるな。

| | コメント (2)

2017年7月17日 (月)

飯南ヒルクライム2017

毎度おなじみのokadaさんと、2011年以来、6年ぶりに”飯南ヒルクライム”に参加してきた。

AM3:40ごろ岡山出発。car
山陽自動車道-尾道自動車道-三次東IC-R54-琴弾フォレストパークAM6:20着。
尾道自動車道が開通したおかげで、トイレ休憩など入れてこの時間て到着できるんだから、楽ちんじゃわ。(運転してない私が言うのもなんだが・・・)

Ca3h7735
「懐かし~い、久しぶり~」な感じじゃで。

私のカテゴリーは、一般男子D(50歳以上)Ca3h7730
このカテゴリーには、岡山から2015年優勝のシード選手Oさん、カヤマRのkuroさんと強豪もエントリーしとります。
この2人が見える位置で走りたいもんである。

女子高生のインタビューも終わり・・・号砲impact
いつもながら、いきなりの急坂はきついで。bearing
何とか先頭集団で、アップダウンへ突入。dash集団は15名くらいか。
ギリギリな感じでへばりつくも中盤に千切れて、そのまま上りへ。
すでに集団は視界から消えとります。sad
千切れた3人くらいの勝負ってことになりましたわ。
抜きつ抜かれつ最後は2人のマッチレース。
結局、マッチレースは敗北。
とはいえ、13位くらいの勝負なんで・・・
20170716
まぁええかって気持ちがあったのか、最後まで全力で走っとらんがな。heart01

ゴールでは以前と変わらず、冷たく美味いメロン、スイカ、トマトにバナナ。
熱くなった身体には、ありがたいわ。

程なく、okadaさんもゴール。かなり楽しめたようで、充実した表情でしたわ。happy01

Ca3h7729
やや曇っていてcloud、完璧な景色ってわけには行かなかったが、ひんやりとした風が心地よかったな。

参加人数もかなり増えてきたのか、頂上の待機場所は人口密度が非常に高くなっとりました。
下山までの時間が長かったが、いろんな方ととゆっくり話す時間が取れたということで、それもまた良しとしておこう。

下山は、「しめ縄御利益街道」をパレードして会場へ戻るようになってました。

会場へ戻りると、マッシャーさんから「10位に入っとるよ」って、「えっ!」って感じで確認すると
Ca3h7732
本当に10位。
それがわかっていれば、最後に出し尽くしてシングルっていうのが良かったなぁ・・・あとの祭り。
しかし、公式タイムは、40分44秒。
この歳になっても、40分台は非常にうれしいタイムである。

表彰式後は、
Dsc_0797
女子高生とのじゃんけん大会。scissors
多くの景品をかけて、大いに盛り上がっとりましたが、残念ながら私たちは収穫ゼロじゃ。

参加者も増え、レベルも高くなっている大会での入賞は年齢とともに困難になってきているが、数年前のタイムと同等で走れたのには満足できたレースでした。

| | コメント (6)

2017年6月 3日 (土)

ロングライドにエントリー

ヒルクラレースにエントリーに続いて、ロングライドにエントリーしました。

ツール・ド・103が思いのほかユルユルだったんで、しっかり走れるロングライドイベントに出たい感が高揚してきたかな。

エントリーしたのは

9月23日(土) 道の駅グルメライドin中国山地
10月22日(日) ファンライド鏡野

しっかり走れそうで楽しみじゃsign03

| | コメント (4)

2017年5月29日 (月)

ツール・ド・103

香川県東かがわ市周辺で開催の”ツール・ド・103”に参加してきました。
サブタイトルは、~東讃満喫ツーリング~
ということなんで、”ツール・ド・103(とうさん)”と読みます。走行距離も103km。
Ca3h7709

岡山市からは、予想外に近かったわ。
距離は、片道110km少々。
時間は、積み込み&コンビニ&トイレ休憩込みで、1時間40分ほど。

ゼッケンNo.
Ca3h7712
No.086だが、ゼッケン順にスタートするわけではない。
適当にチームメンバーとか、友人とか10人?づつでスタート。
Ca3h7713

私はhayashiさん、F原さん&お友達でスタート。dash

ガイドライダーを先頭に、大人しく集落の生活道をパレード走行すると、いたる所で手paperを振って応援してくれる地元の人たち。
高梁HCを思い出すわ。

どこまでパレード走行なんじゃろと思ってたが、どうもこのペースでずっと先導しとるみたいですわ。
ユルユルと走っていると、エイドステーションが・・・
エイドは2ヶ所と聞いていたんで、「もうエイドステーション?」な感じ。
どうも追加エイドのようですな。
Ca3h7715
こんな補給食(カップケーキにクルミのクッキー?)を頂きました。

ここから上りなんだが、相変わらずユルユル走行。
それでも上りなんで、少しは負荷かかっとるかなsign02
正式エイドステーションの”五名コミュニティセンター”へ到着。
Ca3h7716
補給食はカレー。

Ca3h7718
みんなで仲良く食っとります。
あまりカロリー消費しとるとは思えんが完食です。

Ca3h7720
私たちが2台の自転車を並べて置いてたら、行列のようになっとりました。

エイドをスタートしても、やっぱりガイドライダーを先頭にユルユル。
ガイドライダーは、大勢待機していて、シャトルバスのように、エイドからスタートするグループを次々と先導しとりました。
60kmほど走ったころだろうか、「なんか、飽きてきたなぁdownって、F原さんと話をしたり、ケイデンス120rpm以上でまわしtyphoonて走り続けてみたりしていると、他のガイドライダー集団が追い抜いていくじゃねぇの。
「乗り移ろうかsign02って、F原さんと追い抜いた集団を追いかけ乗っかってやったわ。
やっと、走ってる感が出てきたな。happy01
次エイドの大串半島への上りは、ガイドライダーも結構行くもんじゃから、目一杯走ったわ。
心拍heart01MAXsign03

Ca3h7722
ご褒美は絶景と、
Ca3h7723
きつねうどんの補給食

この後の海沿いの道もアップダウンが割りとキツイので思いっきりsign02走ったら、先行の人がいなくなって、前も後ろ誰も見えません。
走っとるコースが合っとんのか不安じゃがな。
Ca3h7726
このノボリと、矢印が見えるとホッとするんよ。

矢印方向へ走るが、まだ誰も見えませんがな。
不安になって誰か来るまでゆっくり走ったり、
Ca3h7727
止まって、”津田の松原”で写真を撮ったり。

そうこうしているとF原さんが追いついた。
これで安心して走れるな。
集落の生活道を抜けたり、防波堤の道を走ったりして、最後の追加エイドに到着したが、コースを作るのに苦労した感が見てとれるわ。

最後のエイドは
Ca3h7730
水平線の見える絶景。
岡山からは島だらけの瀬戸内海だが、ここら辺りは広々とした瀬戸内海。

スタッフに
「この後上りはあるんですか?」って聞いたら
「大した上りはないよ。」って答えてくれたんで、みんなに報告したのだが・・・
そこそこ上っとりました。
答えてくれたスタッフは競輪選手だったんで、一般人とは感覚が違うんでしょうな。

最後は流してゴール。
ゴール後には、F原さんは朝日新聞記者の女性からの取材を受けとりました。

Ca3h7731_2
完走賞

Ca3h7733
参加賞のグローブ

今回イベントだが、最後までユルユルと走り続けとったらフラストレーションが溜まって終了だったかもね。
Photo

前半の心拍の低さが、ユルユル過ぎを表しとるで。
LSDレベルにも到達しとらんわ。coldsweats01

まぁ、後半楽しんだけど、ちょっとユルすぎ、イマイチだわ。
良かったところは、
”五名コミュニティセンター”への上り、大串半島辺りからの海沿いのコースは走りやすいこと、エイドの補給食が普通サイズなこと、参加賞のグローブは使えそうなことってところかな。
でも。次回の参加は無いかな。

7:30スタートで16:30閉会式なんで制限時間はタップリあります。
100km1000mをチャレンジしてみようって方には、敷居が低いかも。
走ってみてはどうですかね。

| | コメント (3)

2017年5月21日 (日)

ファミリーウォーキング大会in笠岡湾干拓2017

”ファミリーウォーキング大会in笠岡湾干拓2017”っていうウォーキングイベントrunに、我が家のおばさんと参加です。

集合場所は、
Ca3h7686
JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部golfです。
何でゴルフ場sign02って思ってましたら、今週始まる”~全英への道~ミズノオープン”のプレイベントとして行われるんですってよ。

スタート前には、応神太鼓のみなさんが演奏noteで応援してくれてます。
Ca3h7687

私たちのエントリーしたのは15kmコース。
干拓地をぐるっと回ります。
In_20170521

良すぎるんじゃないかと心配していた天気だが、軽くうす曇りでちょうどよろしい。good
Ca3h7691
薄雲の影響なのか、太陽sunの周りには薄く虹のようなものが見えましたわ。

ペースも予定通り9~10分/kmで歩き、約10km地点の「道の駅 笠岡ベイファーム」へ到着。
冷たい牛乳を美味しくいただいました。
Ca3h7688

道の駅では
Ca3h7689
1000万本sign02のポピーが咲き乱れとります。
観光客も多いで。

干拓地の西端の石積み堤防からは、福山沖までの瀬戸内海が一望できます。eye
Ca3h7693
この辺りとカブトガニ博物館付近は、景色に変化があって楽しめるが、干拓地内はどこも同じような景色で少々残念だったな。think

ゴール時間には
Ca3h7700
ステージにてライブショーで出迎えてくれとります。

私もおばさんも何事も無くゴール。
Ca3h7705
そんなに暑くなかったのが幸いしたのか、二人とも割と余裕でしたわ。happy01

Ca3h7699
ゴール後の会場テント内では、かき氷やカレー、笠岡ラーメンなどの出店がにぎわってました。
ちょうど昼どきに、ゴールできるっていうのも主催者のナイス戦略かもしれんな。

でもって、今回の参加賞。
Ca3h7704
スポーツタオル、エナジーゼリー、ドレッシング2本、ブロッコリー。
おばさんには、結構好評でした。

次のウォーキングイベントは、秋ごろかね。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧