2017年6月25日 (日)

グレードアップ

朝から雨rainである。
天気予報通りってことで、私も予定通りにFELT F4bicycleの掃除ほか。

チェーン、ディレーラーを入念に、ホイール、フレームも洗って、きれいにしてやりました。
チェーン関係を念入りに洗ったのは、プーリーを交換するため。

5年ほど使ったプーリーは、かなり磨耗しとります。
せっかく交換するんなら、ささやかなグレードアップってことで、アルテ→デュラのプーリーセット。scissors
ただ、FELT F4のコンポは10sの6700アルテ。
そのころのデュラの在庫は・・・ショップで調べてもらうと何とかありましたわ。
10sのデュラチェーンは無くなるし、なかなか困った時代になってきたもんです。
Ca3h7699
ガイド&テンションプーリーともにベアリングが入ってるんで、ブッシュのプーリーよりは回ります。形状も少々違うかな。
これで、気持ちよく変速できるように戻るでしょう。
さらに、体感できるかどうかは分らんけど、回転抵抗の低減になればええがね。
まっ、5年で¥3,000なら高くないでしょう。(もっと早く交換するべきだったかも)

| | コメント (2)

2017年6月17日 (土)

この時期に大山眺望

中山サーキット 以来、久ぶりにホイールWH7900-C24を取り付けて走った。
やっぱり、踏み出しは軽いわ!って調子に乗ったんで、飽浦ローソン~金甲山登山口まで頑張って上ってみた。

帰宅後、STRAVAをチェックすると、
FELT F4+WH7900-C24 ・・・ 5分58秒
6分は切れたか。

そして、過去1年ほどの6分切りは、
GIANT TCR+RS81-C35 ・・・ 5分51秒
FELT F4+RS81-C35 ・・・ 5分56秒、5分58秒
軽さがすべてじゃねぇな。

そのまま、金甲山へ追い込まず上ってると、下山中の朝練組と対抗。
みんな頑張ってます。

山頂駐車場からは、この時期としては珍しく大山がくっきり見えとります。
Ca3h7687
カラッとした不純物の少ない空気&雲の無い空と、幸運にも条件が良かったんでしょうな。

その後は、半島往復しサークルKでトイレ休憩&補給。
ここで、木Pさんと3度目の遭遇。
1度目は、朝練組下山中。、2度目は金甲山2本目を上り中、そして3度目はサークルK。
この後、半島外周を同走。
木Pさんは、貝殻山へ消えてゆきました。
この頑張りは、嘘をつきません。必ず身になるでしょう。

20170617
こんなコースで、80km 3時間ほど

| | コメント (2)

2017年6月10日 (土)

土練り 空港方面へ

久しぶりの”土練り”。bicycle
お誘いを受けたが行けなかったり,、メンバーがそろわなかったりして、ソロ練が続いていたが、今日はF原さん、okadaさん、私と3人集まった。note

コースは、私のリクエストの空港方面。
先週久々に走って、ええ感じだったんで今週も・・・
20170610
笹ヶ瀬川を北上しR2を過ぎた辺りからは、信号signalerが少なくて走りやすい。
空港へは、結構上っとるし、上った後も平地があるんで、もう少し頑張らないとダメだし、追い込んだ感あるわ。heart01
帰路は、カバヤからの旭川沿いが、これまた、信号が無く平坦で追い込めますわ。dash
その上、ほぼ休憩なしだと3時間ほどで帰宅可能。
なかなか、使えそうなコースですな。

| | コメント (0)

2017年6月 3日 (土)

ロングライドにエントリー

ヒルクラレースにエントリーに続いて、ロングライドにエントリーしました。

ツール・ド・103が思いのほかユルユルだったんで、しっかり走れるロングライドイベントに出たい感が高揚してきたかな。

エントリーしたのは

9月23日(土) 道の駅グルメライドin中国山地
10月22日(日) ファンライド鏡野

しっかり走れそうで楽しみじゃsign03

| | コメント (4)

2017年5月29日 (月)

ツール・ド・103

香川県東かがわ市周辺で開催の”ツール・ド・103”に参加してきました。
サブタイトルは、~東讃満喫ツーリング~
ということなんで、”ツール・ド・103(とうさん)”と読みます。走行距離も103km。
Ca3h7709

岡山市からは、予想外に近かったわ。
距離は、片道110km少々。
時間は、積み込み&コンビニ&トイレ休憩込みで、1時間40分ほど。

ゼッケンNo.
Ca3h7712
No.086だが、ゼッケン順にスタートするわけではない。
適当にチームメンバーとか、友人とか10人?づつでスタート。
Ca3h7713

私はhayashiさん、F原さん&お友達でスタート。dash

ガイドライダーを先頭に、大人しく集落の生活道をパレード走行すると、いたる所で手paperを振って応援してくれる地元の人たち。
高梁HCを思い出すわ。

どこまでパレード走行なんじゃろと思ってたが、どうもこのペースでずっと先導しとるみたいですわ。
ユルユルと走っていると、エイドステーションが・・・
エイドは2ヶ所と聞いていたんで、「もうエイドステーション?」な感じ。
どうも追加エイドのようですな。
Ca3h7715
こんな補給食(カップケーキにクルミのクッキー?)を頂きました。

ここから上りなんだが、相変わらずユルユル走行。
それでも上りなんで、少しは負荷かかっとるかなsign02
正式エイドステーションの”五名コミュニティセンター”へ到着。
Ca3h7716
補給食はカレー。

Ca3h7718
みんなで仲良く食っとります。
あまりカロリー消費しとるとは思えんが完食です。

Ca3h7720
私たちが2台の自転車を並べて置いてたら、行列のようになっとりました。

エイドをスタートしても、やっぱりガイドライダーを先頭にユルユル。
ガイドライダーは、大勢待機していて、シャトルバスのように、エイドからスタートするグループを次々と先導しとりました。
60kmほど走ったころだろうか、「なんか、飽きてきたなぁdownって、F原さんと話をしたり、ケイデンス120rpm以上でまわしtyphoonて走り続けてみたりしていると、他のガイドライダー集団が追い抜いていくじゃねぇの。
「乗り移ろうかsign02って、F原さんと追い抜いた集団を追いかけ乗っかってやったわ。
やっと、走ってる感が出てきたな。happy01
次エイドの大串半島への上りは、ガイドライダーも結構行くもんじゃから、目一杯走ったわ。
心拍heart01MAXsign03

Ca3h7722
ご褒美は絶景と、
Ca3h7723
きつねうどんの補給食

この後の海沿いの道もアップダウンが割りとキツイので思いっきりsign02走ったら、先行の人がいなくなって、前も後ろ誰も見えません。
走っとるコースが合っとんのか不安じゃがな。
Ca3h7726
このノボリと、矢印が見えるとホッとするんよ。

矢印方向へ走るが、まだ誰も見えませんがな。
不安になって誰か来るまでゆっくり走ったり、
Ca3h7727
止まって、”津田の松原”で写真を撮ったり。

そうこうしているとF原さんが追いついた。
これで安心して走れるな。
集落の生活道を抜けたり、防波堤の道を走ったりして、最後の追加エイドに到着したが、コースを作るのに苦労した感が見てとれるわ。

最後のエイドは
Ca3h7730
水平線の見える絶景。
岡山からは島だらけの瀬戸内海だが、ここら辺りは広々とした瀬戸内海。

スタッフに
「この後上りはあるんですか?」って聞いたら
「大した上りはないよ。」って答えてくれたんで、みんなに報告したのだが・・・
そこそこ上っとりました。
答えてくれたスタッフは競輪選手だったんで、一般人とは感覚が違うんでしょうな。

最後は流してゴール。
ゴール後には、F原さんは朝日新聞記者の女性からの取材を受けとりました。

Ca3h7731_2
完走賞

Ca3h7733
参加賞のグローブ

今回イベントだが、最後までユルユルと走り続けとったらフラストレーションが溜まって終了だったかもね。
Photo

前半の心拍の低さが、ユルユル過ぎを表しとるで。
LSDレベルにも到達しとらんわ。coldsweats01

まぁ、後半楽しんだけど、ちょっとユルすぎ、イマイチだわ。
良かったところは、
”五名コミュニティセンター”への上り、大串半島辺りからの海沿いのコースは走りやすいこと、エイドの補給食が普通サイズなこと、参加賞のグローブは使えそうなことってところかな。
でも。次回の参加は無いかな。

7:30スタートで16:30閉会式なんで制限時間はタップリあります。
100km1000mをチャレンジしてみようって方には、敷居が低いかも。
走ってみてはどうですかね。

| | コメント (3)

2017年5月20日 (土)

週末 ~其の壱~

やっと週末だが・・・
今日は通院予定。hospital
通院している医院は「WEB順番受付」が可能。
受付してから自分の順番が近くなったらお出かけって具合にできるんで待ち時間が少なくすむんよな。note
Ca3h7683
しかし、今日は競争率高いで。
8:30のWEB受付開始時はリアル受付済が20数番だったが、私が受付した受付開始1分後の8:31には、もう56番。あっという間に30人が受け付けてましたわ。
なんか、イベントのエントリーみたいじゃね。
覚悟しとったことじゃけど、診察が終わったら昼前。
まぁ、半日潰れたくらいで済んで良かったわ。

それじゃと、
午後は、ちょこっと児島半島。bicycle
20170520
ソロ練なんで、おのずとメディオレベルheart01の走りになるわな。
2時間ちょっと、60km弱で終了。

帰宅後は、MINOURA製3本ローラーの修理。
負荷装置のVベルトが切れたのよ。
もう16年使ってるもんな。
新しく購入。
Ca3h7686
MINOURAの補修パーツですが、MITSUBOSHI製の既製品K-18です。
ちゃちゃっと、交換して乗ってみると、少々音が小さくなったような気がします。good
切れたVベルトは、切れた箇所以外にも2箇所ほど裂けていたし、ベルト側面は全体にささくれていたんで、騒音となっていたんでしょうな。
¥800少々で、騒音も小さくなるんなら、今後はVベルトをチェックして、裂けてる箇所やささくれがあれば、切れる前に交換してもええな。
とは言っても、何年後になるんでしょうsign02

今日の最後は、家中の扇風機を全て準備してやった。
かなり暑くなって来たんで、そろそろ必要かね。
明日も暑いらしいが、ウォーキングイベントrunなんよ。熱中症、脱水注意sign03

| | コメント (2)

2017年5月14日 (日)

チーム練にて金甲山TT

本日のチーム練bicycle、”GF石見”、”TD西阿波”などへ参加しとるメンバーが多いとかで、集まらんのじゃないかと思ったが、久しぶりのF村さん、irieさん、m野さん、思いがけないs岡さん他、いつものメンバー3人ということで、人数的には変わらんくらい。

コースは、代わり映えしないベタな児島半島。
20170514
違ったのは、下山坂側からの金甲山TTをやってみたこと。
飽浦側からと違って、登山口を左折になるんで危なくねえからええよな。

20170514_2
こんな感じで追い込んで、sweat01
下山坂バス停~金甲山駐車場 22分31秒
下山坂バス停~山頂展望台   23分41秒
過去のタイムと比べると、さすがに人生最速ごろ(2007~2008)の21分台とはいかんが、近年ではベストタイムとなったわ。
まだ、頑張れるのかsign02
「灯滅せんとして光を増す」ってことかsign02

あとは、そこそこ走って終了。
昨日の土練りに続いて、今日も山上りは追いこんだで。happy02


| | コメント (2)

2017年5月13日 (土)

土練りはランチのあとで

「午前中は雨rainみたいなので、午後から走りませんかsign02」と、okadaさんから”土練り”bicycleのお誘いを受けたんで、ふたつ返事でOKsign01

昼飯noodle食ってから出動じゃdash

いつものように飽浦ローソンに集合してスタート。
ルートは、飽浦ー貝殻山-小串-飽浦-金甲山-飽浦-八浜-千両街道-浦安

20170513
山2本は、追い込んだわ。
一人じゃないと追い込めるんよな。

Ca3h7676
金甲山山頂ごろには、日sunも差してきて蒸し暑くなってきた。sweat01
瀬戸内海は霞んで、景色はいまいち。

金甲山を下っての飽浦ローソンで、パワフルF原さんと遭遇後、八浜まで同走。
明日は”西阿波”だそうで、楽しんでくださいな。

結局、距離65km、900mほど上ったな。good

| | コメント (3)

2017年5月 5日 (金)

金練りは4K

GWも真っ只中に、”金練り”bicycleのお誘いをしたら、F原さん、masuさんが同行してくれた。
今回は、「1000m上って、100km走ろう。」ってことで、
コース設定は、飽浦ローソン-金山HC-瀬戸-熊山HC-西大寺-飽浦ローソン

Ca3h7689
金山(1K)・・・何処だかは、分る人しか分らん画像
招き猫まで、F原さんと同走。そこからエースセンターまで追い込んだ。heart02
分かれ道で後続を待っていたら、休憩中のPinarello PRINCEに乗った兄ちゃんに遭遇。
その後、たらたら上っていたらPinarello兄ちゃんが追いついてきた。
それじゃって、頂上まで頑張ったで。heart02

Ca3h7688
相変わらず眺望は悪いねぇ。confident

十谷に下りて、熊山登山口(熊山駅側)へ移動。

Ca3h7691
熊山(2K)・・・北側からHC
ここも最初は、みんなで同走。
途中から頂上まで頑張ってみた。heart02
こんなに斜度がキツかったっけsign02GARMINが斜度14%upwardrightを3回ほど表示したわ。
ここで、予定通り獲得標高1000mは超えました。good

後は、下ってスタート地点へ帰るだけなんで、下り+ほぼ平坦路。
ドーンdashと帰ったら、児島湾大橋北詰で、まだ13:00。watch
masuさんは時間の関係で終了したが・・・F原さんと私は「時間あるなぁ」ってことで、オプショナルツアーへnote

Ca3h7693
金甲山(3K)・・・ローソン~山頂
途中より追い込んでみたものの、そろそろ、脚にきとります。bearing
山頂からの眺めは、島々の緑も濃くなって綺麗な多島美でした。

Ca3h7696
貝殻山(4K)・・・金甲山~なんで、ちょっとインチキ。
頑張っては見るも、心拍を上げるほどの脚は残っとりません。happy02

なにを思ったか、こんなオプショナルツアー追加で結局”4K”。テレビtvじゃあるまいし。

西原に下りて、児島湾沿い経由でDOWNdownをかねて大人しく帰宅しましたとさ。

最終的に、距離138km、獲得標高1800mほど。
20170505
F原さんは、模擬GF石見になったかねぇ。

| | コメント (4)

2017年4月30日 (日)

Naturalチーム練にしては大所帯

昨日の”うどんフォンド”に続き、今日はチーム練。bicycle
集まった人数を見ると、Naturalチーム練にしては大所帯な11人sign01合っとるかね。

コースは、児島半島+金甲山+貝殻山
20170430
昨日、160km走った割には脚が軽かったな。

金甲山頂上では、久々に心拍MAXheart02まで上げれたわ。
Ca3h7670
画像はガラ~んとしているが、続々と自転車乗り、ライダーなんかが上っとりました。
中央に写っているのは、自転車初めて間もない若手、娘と同い年のカトくん。
彼は手足が長いし、乗り込んでくると最適なポジション&フォームで速く走れそうに思えるわ。楽しみじゃね。happy01

Ca3h7671_2
天気sunは良いし、気温はグングン上がって温かいし、人もミツバチも活動的ですな。

私は貝殻山で早期離脱し、予定通り12:00帰宅。
連日1日中遊んどると、叱られますからねぇ。bleah

| | コメント (4)

より以前の記事一覧