2017年4月17日 (月)

桜さくらツーリング

masuさん、okadaさん、私の3人で”醍醐桜cherryblossomツーリング”へ行ってきた。
実は6年前にも行ってるんよ。

AM6:00浦安を出発
ひたすら旭川を北上し落合を目指したのだが、霧mistが発生しとります。
走り始めて川に出てから、ず~っと霧。
日差しが届かないもんじゃから、ペダルを回してないと少々肌寒いわ。
それでも、皆ええペースで走っとります。
中でも、前日のレースを雨でDNSしたokadaさんが先頭に出ると、不完全燃焼のストレスを発散すべく、微妙にペースアップして引いてくれとります。楽ちんじゃわ。bleah
落合に到着しても、まだ霧は晴れませんがな。

Ca3h7619
これから醍醐桜へ向けヒルクライムが始まろうというのに、桜のある山方面は、まだ霧の中。
しかし、本格的にヒルクライムが始まるころには霧も晴れ快晴。sun
日ごろの行いの良さが出たってことでしょうかね。

途中から交通規制で一方通行になっている辺りから、大渋滞carrvcarcarrvcarですわ。
醍醐桜に到着まで2時間とか3時間とか言っとりました。
その渋滞を縫うように7~8km、300mほどのヒルクライムを頑張ると、
Ca3h7632
丘の上に、デカイ一本桜。cherryblossom

Unspecified
近づくとさらにデカイです。そして満開です。happy01(画像:masuさん提供)

Ca3h7627
幹も太いわ。

Ca3h7622
醍醐桜から見下ろす集落も趣がありますな。

帰路は一方通行なんで、上ってきた道とは逆方向に、さらに上っていきます。
アップダウンを繰り返しているとT字路に突き当たり、そこの看板に”岩井畝の大桜”の文字。
ガードマンさんが「今満開じゃよsign01」って言うもんじゃから行ってみることになった。

ここら辺りから、masuさん”上りたくないモード”。少々ウエイトアップしているそうで・・・
2~3kmほどのアップダウンで到着。
こちらの桜も、デカイです。
Ca3h7638
自転車と比べると、デカさが際立つな。

Ca3h7634
醍醐桜よりスリムな枝ぶりじゃが、なかなかのもんですわ。

デカ過ぎるんで
Ca3h7635_2
魚眼レンズ風に撮って見ました。

この”岩井畝の大桜”に近い集落では、こんな芸術展sign02
Ca3h7639

Ca3h7641

Ca3h7640
各家の前に、かわいらしい人形sign02案山子sign02
チラ見したときは、本当の人かと思ったわ。

しっかり走って、頑張ってヒルクライムしたら、腹も減ります。
道の駅「醍醐の里」で昼飯です。

一応、うどん好きを自称しているもんで、
Ca3h7644
”真庭まぜうどん”っていうのを食ってみました。
Ca3h7642
もやし、のり、ねぎ、卵黄、豆板醤?、麺は手延べ乾麺かね。
汁無し坦々麺のうどん版みたいなのでした。

しっかり食ったら、後は帰るだけ。
往路と同じ道を、ひたすら走るが、下り基調downwardrightなのに微妙に向かい風なもんで、意外とキツかった。bearing
20170416
こんな変化の無いコースで192km。
自宅の遠いmasuさんは、200km超えのはず。good
停止時間が長すぎたのか、AVE20km/hに届きませんでしたな。
まっ、しっかり遊んだ1日でしたわ。

| | コメント (3)

2017年4月 8日 (土)

桜並木、今年も満開

あいにくの天気cloudだが、今年も町内の桜並木は満開となりました。cherryblossom
Ca3h75671

雨が降らなければ、いつものように散歩がてら缶ビールbeer持って夜桜見物といきたいもんですわ。

| | コメント (2)

2017年3月11日 (土)

山練り

今回の土練りbicycleに集まったのは、F原さん、okadaさんと私の3名。
先週同様、9:30に飽浦ローソン集合。
今回のメニューは貝殻山を西から東から、最後に金甲山の”山練り”
20170311
今年になって初めての貝殻山も上ったもんで、久しぶりに獲得標高1000mを超えましたわ。good
思ったより上れたし。
やっぱり、ひとりじゃねぇからサボらんでええで。

金甲山では、気になっていた楕円インナー装着のokadaさん号を借りて上ってみた。
ちょっとイケルかも、面白そうじゃ。安けりゃ使ってみたいな。
もうひとつは、ヘルメット。
カーマーのBOAで調整するタイプ。フィット感ええわ。
少々のサイズ・形状の違いはBOAのため問題無いように思える。

土練りは、予定通り昼前に終了。
帰ってからは、用事でも、家族サービスでもしてちょうだいってことで解散。
F原さんは、走り足りんかったらしく半島外周オプション付き。すばらしいsign03

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

集合場所への行き帰りに通った阿部池周辺の河津桜並木。cherryblossom
Ca3h3872
明日の「さくらまつり」に合わせるかのように、満開が近づいてます。

この綺麗なさくらの向こうの阿部池には、
Ca3h3871
太陽光発電パネルが敷き詰められできています。
河津桜と人工物感ありありの太陽光発電パネルの対比がなんとも・・・

| | コメント (2)

2017年2月24日 (金)

児島ポタ

なんか大臀筋が張っとるんで、軽めに自転車。
ってことで、児島方面へゆっくりと・・・

藤戸の南辺りから下津井電鉄廃線跡の自転車道を児島へ向けてポタ。
Ca3h3839
廃線跡を感じさせるように、駅跡を再現し取ります。
サイクリングロードというよりは、自転車歩行者生活道じゃね。

児島では「児島ジーンズストリート」をポタポタ。
Ca3h3840
でっかいジーンズの看板

Ca3h3852
TVなんかでよく見る光景ですよね。

Ca3h3843
アスファルト舗装までジーンズな藍色(左側は通常のアスファルト舗装)

平日ではあるが、タクシーで乗りつける中年夫婦、キャリーバッグを転がしている女性二人連れ、レンタサイクルでポタっているカップルなど・・・
さびれた味野商店街も息を吹き返し、観光地として定着しとりますなぁ。

児島駅前もジーンズがお出迎え。
Ca3h3857_2

喫煙コーナーも
Ca3h3856

自動販売機も
Ca3h3858

案内板も
Ca3h3859

バスも
Ca3h3855
全てがジーンズ柄じゃで。
ジーンズでの町おこしが、思惑通り成功したようですな。

自宅近くまで帰っても、ポタポタポタ。
Ca3h3861
そろそろ、河津桜も咲き始めてきましたわ。

Ca3h3864
さくらまつりの横断幕も張り出されとります。
去年のさくらまつり当日は満開のベストタイミングだったが、今年もそう願いたいもんですな。

| | コメント (2)

2017年2月18日 (土)

変な天気

今日は、雨の降らんような天気予報だったんで、明日のマラソンに影響ないように軽くバイクで走っとくか。
と、思っとたのに、雨は降ってないが路面はビチョビチョ。sweat02
路面が乾いてきたら走りに出るか・・・
太陽sunも顔を出し路面も乾き始めたんで、準備を始めるとパラパラと降り出した。rain
あきらめて、買い物&昼食。

昼食は、懲りもせず”うどん”
Ca3h3820
招福亭 かけうどん(大)+たまねぎのかき揚げ
12:30ごろの入店なんで、ほぼベストな麺。美味い!
相変わらずの、ぬるい出汁は”ひやあつ”で食うと私でもぬるく感じたな。

再び日sunが差し出したんで、準備をしようとすると、またパラパラrainと、路面も濡れ始めた。
もう、外は走らんとローラーを始めたが、天気は回復し雨の降ることは無かったわ。
変な天気に振り回された1日でしたな。
まっ、明日の”矢掛本陣マラソン”runのとき降らなきゃええわ。

| | コメント (2)

2017年1月13日 (金)

横風注意

今日は寒いで。bearing
児島湾大橋上は、
Ca3h3740
千切れんばかりの吹流し、横風ビュービュー。
自転車bicycleを斜めに傾けて走っている状態だったな。
Ca3h3738
「横風注意10m」
時速36kmか、確かに追い風のときはラクチンでしたわ。

明日、明後日と、さらに寒くなる予報じゃな。
センター試験の受験生は大変だろうが頑張ってくださいな。
私は、”備南たましまロードレース”runを走る予定。・・・大丈夫じゃろ~かsign02
そういえば、初めてのレース”第1回花回廊マラソン”のときも、強風じゃったし寒かった記憶があるなぁ。
まぁ、雪が積もってなけりゃ参加じゃね。

| | コメント (2)

2016年12月 5日 (月)

ラン&バイク

先日に引き続きラントレ。run
外は霧mistが濃いが、ランニングには問題なし。
近所を5kmほど、アップとダウンを除けば5分前半/kmで走れとる。
走っても背中、肋骨周辺の痛みも出んし、このまま調子を上げてup来月のレースに合わせたいもんじゃね。

走り終えて、少しすると霧も薄くなってきたようなんで、バイクbicycleで出動じゃ。dash
念のためフロント&リアライト点滅shineさせてスタート。

走り出すと、直前のランニングの影響だろう足がだるいわ。despair
ほんじゃ、ゆっくり目で児島半島東部の貝殻山周辺を上ったろ。

八丈岩山の辺りでは、北方面に雲海が見えたで。
Ca3h3691
雲海から覗いとるのは金山かsign02

さらに東へ下ると、霧の中に突入。
Ca3h3688
霧に差し込む木漏れ日が神秘的に感じるわ。

これから霧の中を走るんかいな・・・と思っていたが、小串に下りきると、すっかり霧は晴れて、
Ca3h3690
相引海岸の海面は豊島までキラキラ輝いとります。

結局、こんな感じで、自宅~飽浦~貝殻山~市民憩いの森~小串~サークルK~長谷峠~自宅を追い込みもせず。
20161205
久しぶりに、市民憩いの森の激坂(私的には児島半島舗装路最大斜度と思っている)を走ったが、ゆっくりなのにキツイ。happy02思わず蛇行する体たらく。
最近のパワー不足を痛感するわ。
そんなこともあり、帰宅後速攻でフロントインナーを36T→34Tに交換する私がおりました。

距離:42km 時間:2時間 獲得標高:700mほど
距離の割りに、よう上ったなsign01

| | コメント (4)

2016年11月26日 (土)

シーズン初お目見え”雪化粧の大山”

最近の体調不良を象徴するように、先日には”グルグル”発症。typhoon
背中の痛みもまだ完全回復とはいかんようで、ダンシングすると痛いがな。
手足の末端の痺れも治らんし。

だが、折角の天気のいいsun休みなんで、久しぶりに実走じゃ。bicycle
半島外周+金甲山コースのソロ練。
20161126_2

金甲山からは、雪化粧した名峰大山fujiが、いつもより大きくsign02見えたで。
Ca3h36721_2
なんか、金甲山上って大山が見えると、得した気分になるんよな。note

下山後、半島外周を走っていると、最近かなりレベルアップしてきているらしい旬なチームメンバーF原さんと対向。
今日も金トレだそうで・・・頑張っとります。

久しぶりの実走は、距離80km弱ほど。

| | コメント (2)

2016年11月 8日 (火)

紅葉ライド

ここんところ、自転車といえばローラーばっかし。
本日の天気は夕方くらいより雨rainらしいので、昼過ぎくらいまでに久しぶりの3桁走りたいねぇ。bicycle
ってことで、吉備高原方面へ”紅葉ライド”mapleと決め込んだ。

まずは、黒谷ダム
Ca3h3616_2
意外と色づいとるじゃね~か。

ここから、吉備高原
全体的には、まだ色づき始めかなぁって感じだったが、きびプラザ裏のR484沿いのモミジだけはカラフル。sign03
Ca3h3617

続いては、名勝豪渓じゃで。
Ca3h3618
見返り橋辺りは、まだまだ。
いつ見ても、ここの奇岩はスゴイねぇ。地震で岩が落っこちそうじゃもんね。

ちょっと下ると
Ca3h3619
部分的に色づき始めてます。
ここ豪渓は国指定名勝地だけあって、平日にもかかわらず、若いカップル、年配夫婦など訪れとりましたわ。
駐車場にはガードマン2人も配置してましたが・・・ちょっと暇そう。

総じて、どこもまだ色づき始めってところですな。

走ったコースは
20161108
こんな感じで、ピッタリ100km。
獲得標高は900m弱なんだが、全半だけでほぼこの標高を稼いどるもんじゃから吉備高原までがきつかったで。
予定通りPM1:30には帰宅。
雨にも合わんかったし、1ヶ月ぶりの3桁は◎でした。scissors

| | コメント (4)

2016年4月17日 (日)

予定外!春の嵐練

朝まで雨rainは降っていたし、路面はビチョビチョ。
予定通り引きこもりのつもりが、8時過ぎに雨が上がったと思ったら劇的に天気sunは良くなり9時ごろには晴天。
路面も見る見る乾いてきている。
こりゃぁ、予定外じゃが走りに出ん訳にはいかんでしょ。bicycle

突然の出撃のため、ホームコースのベタな児島半島へ。dash
久しぶりに小串側から貝殻山ベンチマークTTのつもりだったが、GIANT+RS20の重量級仕様じゃベンチマークにならんな。
その上、途中チェーン脱落・・・18:03・・・遅っ。snail

気温はぐんぐん上昇。upwardright
Ca3h3381
ニーウォーマーも外したわ。

貝殻山行ったら、金甲山も行かんとな。

金甲山の登山道に入った頃から、風速が半端なく上がってきた。typhoon
道には葉っぱ、小枝が散乱し、突風が吹くと上空からいろんな物が降ってくる。
Ca3h3382
道の散乱物に注意しながら慎重に下りましたぜ。

次もお決まりの戸立峠。
ここでは、高校生のロード乗りと少しの間、話をしながら併走。
自転車部かと思いきや「テニス部です。」って、自転車部じゃない高校生でロードバイク乗るっとんのは、なかなかお目にかかれんで、”こっこ”さん以来かsign02

八浜への道は、超向い風。
下りのくせに、ペダルを止めると進みませんわ。

尾坂峠を回って、間瀬峠からの再び八浜~児島湖。

児島湖へ出たころは、風速もさらにUPしとるがな。typhoon
こちらはド平坦なのに、ペダルを回さんでも前へ進むほどの追風。
スピンネーカーを張ったら、ふっ飛んで行きそうじゃわ。

Ca3h3390
水深の浅い児島湖は、大荒れで湖底のヘドロを巻き上げてドス黒い。wave
一面青空の下、ドス黒い水面には強風で白波が立ち、なんとも言えん不気味なコントラスト。

とどめは、もろに横風を受ける締切堤防。
堤防道路では、小さな飛沫sweat01が飛んできとります。
車体は斜めにせんと真っ直ぐ進めんし、女子高生らしき2人連れは、自転車降りて押して歩き始めるほど。

前線が抜けた後、急速に発達した低気圧の影響で、春の嵐となったんでしょうな。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧